e0101411_2038260.jpg

咲くのに、余計な力は要らない。ということを、昨日知った。





■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2011-05-29 20:47 | ライフ

e0101411_16233465.jpg


棗(なつめ)に、白大菊のSmokeを入れて、お茶を点てる気分で焚いてみた。

More
[PR]
by muumiyah | 2009-11-15 16:35 | ライフ

e0101411_2193654.jpg


菊なんだけど、抹茶な香り。

More
[PR]
by muumiyah | 2009-10-27 21:08 | ライフ

e0101411_22355345.jpg


私は、内なる自己へ降伏し、奉仕をすることで、

自らの神聖さをよみがえらせます。


『私』から『私たち』の意識を持ち、

全体に対して喜びをもって奉仕が出来る

永遠の存在であることを認め、受容します。


More
[PR]
by muumiyah | 2009-10-25 22:59 | ライフ

e0101411_955839.jpg


あるお宅の玄関先に咲いていたほととぎす。

More
[PR]
by muumiyah | 2009-10-11 09:57 | ライフ

e0101411_11323738.jpg


近所のお花屋さんに行くと、秋の訪れを感じさせるお花に出会いました。

More
[PR]
by muumiyah | 2009-09-05 11:32 | ライフ
e0101411_7375840.jpg


蓮が、SingaFlowerの生花を解体をしていると思ったら。。。

■ dozen/Ren ⇒ Lotus Diary~Ripe Of Source/dozen~

More
[PR]
by muumiyah | 2009-05-15 07:37 | ライフ

e0101411_017294.jpg

“ Singa Flower ” created by dozen/Ren

Lotus Diary~Ripe Of Source/dozen~


More
[PR]
by muumiyah | 2009-05-07 23:51 | ライフ
私が選んだ花は、黄緑色の花。これは、午前中に奈良へ行った時に、歩きながら決めた色だった。だけど、黄緑色の花なんて私自身見たことがない。

セルフヒーリングのワークが終わり、イニシエまでの待ち時間、hajaさんとお茶をして過ごすことにした。その時に、イニシエ用の花を買いたいと思ったので、dozenのお二人に聞くと、近所の西友の地下に花屋さんがあるとのこと。

西友の地下へと続くエスカレータを降りながら、黄緑色の花にはこだわらずに決めようと考えていた。

目的のお花屋さんが目に入る。初めは、黄色やピンク色の花が視界に入ったけど、よく見るとあった! 黄緑色の菊のような花びらをした花だった。

迷わず買う。

昨日買った花も欲しいと思っていた色の花だった。
二日続けて欲しい花が手にはいるなんて、これぞギフト!

hajaさんと近くのロイヤルホストでイニシエまでの時間つぶしにスピ話をしていた。二人で、スピリチュアルやdozenを知ったきっかけをお互いに話す。

私は、浅見帆帆子さんの著作を読んだことからスピリチュアルの世界に足を踏み入れたこと。
mixiのコミュニティーからdozenのお二人のブログを知って読み始めたら止まらなくなったことなどを話した。

お互い、違うルートでdozenを知った模様。縁って不思議だ。

さて、イニシエは、私からだった。用意した黄緑色の花を並べる。

蓮さんの前に立った。

昨日より緊張しているのが自分でも分かる。左手側を蓮さんに向けて立っているときに、グラウディングをもっと強くするように言われる。自分でも弱いと感じる。強くイメージしたけれども実感がない。

その時だった。下腹部周辺から、血の気が引くようにザーッと体温が低くなった。その状態で、蓮さんに背中を向けてあぐらをかく。

上から順にエネルギーが流されるが、私が感じたのは、腰に流されたエネルギーだけだった。
下腹部に広がる柔らかい暖かいトロリとしたエネルギー。エネルギーだけじゃない。気持ちまでうれしくなって、一人でニヤ~と口元をゆるませていた。

蓮さんとのハグの後、
『自分を大切に』
という言葉をもらった。

まずは、自分から。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
e0101411_19302678.jpg


昨日は一日、アイランド花どんたくに行ってました。

姉と二人で行ったのですが、姉は二度目の来場なので、あれこれ解説してもらって廻ったためとても楽しく過ごせました♪

私たちが行ったところは、

・青いバラ
・グリングリン
・500円で苔玉づくり
・エミール・ガレ展
・ハカタユリ
・アジアンフード食べ放題
・色々な庭眺め
・照葉のオープンルーム(マンション一部屋、一戸建て二棟)を見る
等々。楽しかった~。

青いバラをこれから見に行く方は、色々な花を見て回ったあとに見に行くと、青いことが分かります。私は一番はじめに見たけれど、青いバラの誕生過程のビデオを見たあとに見たので、確かに青系だなと思ったけど、バラだけ見た人は、口々に『あれは紫だ』『青じゃないよ』なんて言ってましたが……。

遺伝子操作も着色もせずに交配だけであの色を出した所に、凄さがあるのだけど、花だけ見てたんじゃわからないか。

アイランド花どんたくの見所は、たくさん。

青いバラだけではなく、ハカタユリもシックでよかった。ユリは余り好きではないのですが、ハカタユリは、花粉が黄色ではなく、茶系をしており花弁にもうっすらと紫の筋が入っていて、野原に咲いてても弱さは感じないユリに見えました。

エミール・ガレの花瓶は、ため息ばかり。ガラスだけであの発色や細工を施せるなんて! 作品を作る前に描いたデッサンも、作品として充分に見応えがあるし、一度で二度美味しい展示でした。

そして、建築雑誌等でもっぱら取り上げられている構造物といえば、グリングリン(GRINGRIN)です。

この構造物、柱がない状態であの波打つ面だけで構造物全体がバランスを取っているのです。グリングリンの下にあるハカタユリの展示室に入った所にグリングリンを設計した建築家が手がけた作品を紹介するブースがあるのですが、建築中の映像をみると、いかに手の込んだ手作業であの構造物が出来上がったか分かります。建築に興味のある方は、ぜひご覧ください。

写真は、グリングリンの表面を覆っている草花の一つ、センニチコウです。
[PR]