タグ:おでかけ ( 34 ) タグの人気記事

ギンギラ太陽’Sの大塚ムネトさんと劇団あんみつ姫の座長とまとママが出演した舞台です。

舞台の内容は、

>これは二人芝居です。監獄の中にいるふたりです。映画の話をし、それを聞く芝居です。
>その映画は、芝居に登場する人物の言葉を借りると、ふたりの年寄りがフラフラ歩きまわって、ニコニコ笑いながら、ボソボソと希望のない人生訓をたれる映画です。
>その映画は1953年に公開された小津安二郎の「東京物語」
>1992年に世界の専門家による世界映画史上のベスト3に選出された名画です。
>ほとんどこの1本の映画が、この芝居の中で語られます。芝居の戯曲は1987年に発表されました。
>劇的でもなく冒険的でもないこの映画の話を、閉ざされた設定の中で語り続ける芝居。

と、パンフレットに書いてあります。
この舞台、もうずっと笑いっぱなしです。とまとママは、男ですがお姉さんです。

そのとまとママが、劇中でオカマの役をするのだから、
「どうやってオカマを演じればいいのっ? って演出の泊さんに聞いたら、『自然体で』とかいうのよ! オカマ自体が自然じゃないのにどうすりゃいいのって感じだったわよっ!」
と舞台で苦労話をしてくださいました。

そんな、楽しい舞台ですが、最後の10分ほど、映画のラストシーンを語る場面では、うるるっってしてしまいました。

この舞台、福岡だけの公演でした。
全国でもすればいいのになぁ。

ギンギラ太陽’S
http://www.gingira.com/
劇団あんみつ姫
http://www.okama.com/
[PR]
毎週水曜日は、レディースデイなので女性は、映画は一本千円で見られます。私は、映画は千円で見るものだと思っているので、この市川雷蔵の『大菩薩峠』も三本一気に見ました。三千円なり。

さて、市川雷蔵は、もちろん主人公の机竜之介(つくえ・りゅうのすけ)役であります。

相手役は、その当時、市川雷蔵と並ぶ女優さんと言えば、中村玉緒です。そう、今の中村玉緒を見ると、うそーって言いたくなりますが、当時は、お姫様役とか多かったらしい。。。

この映画でも、一人三役で市川雷蔵とからむ女性の役を演じておりました。

この作品の原作は、中里介山という作家が書いた『大菩薩峠』という小説。新聞に連載されていた小説で、未完の大作といわれているもの。ちくま書房から文庫が出てますので、興味のある方はどうぞ。

作品の内容ですが、人の縁(えにし)と無常観が根底を流れる話です。登場人物全てが、どこかで良かれ悪しかれ繋がっている。その繋がりに一喜一憂しながら三作とも観ました。

注目したのは、市川雷蔵。一人雰囲気の違う役者なので、目立つ目立つ。机竜之介の音無の構えをした日にゃ、
「きゃ~~、雷蔵さま~」
である。実際、映画館には、70代か80代のご婦人もいらっしゃいました。往年のアイドルだもの。

映画でもうひとつ注目したいのが、着物。

姉が興味があるので自然と目が行きます。当時、といっても40年ほど前には、こんなにあでやかな着物やかわいい小花模様の着物があったのだなと、感心することしきり。色合いも素敵。

雷蔵の着ている着物ももちろん織りのいい着物ばかり。悪役の成金侍でさえ、センスのいい着物きてますから。

この映画を観て、中里介山の原作を読もうかと。全20巻、頑張ってみようかな。
[PR]

e0101411_0102697.jpg


久しぶりにクラシックの演奏会へ。

この演奏会では、チャイコフスキー『白鳥の湖』の第1、2幕をバレエ付きで演奏してました。

生でバレエを見るのは、初めて。

これが白鳥の湖かぁと、感心することしきり。

バレエはずぶの素人なので、違うバレリーナを白鳥と思って見てました^^;

登場するのはずいぶん後なのね……。

お召し物が他の白鳥と同じ白だけどゴージャス! 4人の白鳥の群舞や、小白鳥? の群舞も楽しく見てました♪

久しぶりに彩りのある週末でした♪
[PR]

e0101411_18555056.jpg
久しぶりに見た映画だった。


More
[PR]