タグ:おでかけ ( 34 ) タグの人気記事

e0101411_21465780.jpg


魔王殿までくれば、引き返すより貴船神社へ下った方が早い。友は、どんどん山道を下るが、私の足どりは、おぼつかない。私たちとすれ違いざま、貴船側から登って来る観光客とすれ違う。どう見ても登山向きではない足元で歩いている。無事に、魔王殿まで到着するよう祈る。

貴船に着いた。鞍馬と違い、観光地!

鞍馬神社を抜けて、奥の宮へ向かうときに鞍馬より強い雨に見舞われた。おしゃれなお店の軒先に入って雨宿りのつもりだったが、お腹もすくので食事をすることに。

雨に降られるのも、私にとっては良い足休めなので、気にもならない。

友との会話に呼応するかのように外の天気がめまぐるしく変わる。
私たちの会話を聞いているみたい。

食事とデザートが済んだ頃に、雨が止む。
空も明るくなったところで、散策を再開した。
[PR]
e0101411_21444470.jpg


本殿に到着。小ぶりだった雨が、強く降り始めた。境内に上がり、中を眺めながら、雨がやむのを待った。

雨は、上がる気配もなく、降り続いていた。
足が、ガクガクしている私には、良い休憩時間となる。

本殿の外回りを眺めると、面白い形をした灯りがぶら下がっている。
こんな形、初めて見た。鞍馬寺って細部まで面白い。

小降りになる。
もう一息と、魔王殿へと向かう。

途中、与謝野晶子の書斎があった。こんな山奥で創作活動をしていたのかと、驚くと共に、うらやましくもあった。コンパクトな住居を自分も建てて暮らしたい。

魔王殿は、想像していたよりもこじんまりとしていた。私自身、霊気なんぞとはとんと縁がないので、この周辺のエネルギー量がどれほどのものかは分からない。六角の珍しい灯篭があるが、さほど知識があるわけではないので、眺めるだけだった。次は、予習して再度参るぞ!
[PR]
e0101411_21432733.jpg


鞍馬寺は、天狗で有名だ。

というのは、一般的な認識で、実際に行って見ると、観光地の様相は、駅周辺だけ。寺に入ると、そこは、厳粛な修行の場だった。

入り口の、狛犬ならぬコマ虎に目を奪われる。一目ぼれだ。彼に会いに来たようなものだと、勝手に思う。

友人が、この虎を見て、
「『アイ~ン』みたい」
と言った。確かに。
というわけで、私の中では、このコマ虎をアイン君と呼ぶことにした。

本殿までの九十九道を登る。私の足取りは、重い。他の観光客の軽快な足取りに驚くが、友人の「睡眠不足だから足が重いのだと思うよ」という言葉に救われる。

これも、修行だ。登りながら、思索する余裕はない。ただ、登るだけ。余計なことを考えずに、登るのは、久しぶりだ。2年前の登山を思い出す。

所々、社をお参りしながら、本殿に向かう。
雨が、まばらに降り始めた。
[PR]
e0101411_21514988.jpg


午前7時半。

京都駅八条口でバスを降りる。

More
[PR]
昨夜、映画『ゲド戦記』を観てきた。
姉から、評判悪いみたいね、との一言を聞いていたけれども、予告を見たときからこの映画は見なきゃいけない映画だと思っていたので、観にいきました。

映画の冒頭に、詩が出てきました。

ことばは沈黙に
光は闇に
生は死の中にこそあるものなれ
飛翔せるタカの
虚空にこそ輝ける如くに

この詩は、原作の物語の巻頭に書かれた詩だと後から知ったのですが、この詩を頭に叩き込んで観ると、この映画で言わんとすることは、分かるかと思います。登場人物は、この詩を展開した台詞を随時しゃべっているから。

この映画は、子供向けではないし、言葉を頭に留めながら観ないと映画も自分も見失ってしまうような感じです。分かりにくいと言えばそうだし、考えさせられると言えば、そうとも言える作品。

一番印象的だったのは、
『死を恐れる余りに生を見失ってしまう』
『死を否定することは、生をも否定することになる』
といった台詞です。これが、この映画というか、原作第3巻のテーマみたいですね。コレを事前に知っておくと、幾分頭を悩ませることなく観られるのでは、と思ってます。

映画は、ゲド戦記の第三巻を中心に描かれているので、多島世界・アースシーの背景や、真(まこと)の名の存在などを事前に知っておくと良いかもしれない。ネットで原作のあらすじを読むだけでも、映画を観る時に役立つと思う。

この映画、テレビアニメにすると子どもが観ても分かるくらいに噛み砕いて物語を展開できるのになぁと観終わった後、ふと思った。

テレビアニメ化、どうですか?>スタジオジブリさま
[PR]
e0101411_19522262.jpg


タイトル、記事と写真はちょっと関係がある、かも。

清水の滝から小城町の市街地に入りました。ふもとに下りるとあちらこちらに羊羹の看板が。

その中で、偶然入ったお店が村岡総本舗でした。お店の隣には羊羹資料館があり、村岡総本舗を知らなくても老舗と分かる店構えでした。

お店に入ると冷えた麦茶を出していただいて(お気遣いありがとうございます♪)、吹き出しかけていた汗も引きました。

店内をゆっくりみていた所、お店から見えた神社の境内へ向かう階段が非常に長く、100段くらいあるのかな、と話してたところ、店員さんが、153段ありますよ、と教えてくださったのが頭に残り、お店の外観を撮るのを忘れて神社を撮ってしまったわけです。

購入した羊羹は、定番の『切り羊羹』と餅米と小豆を道明寺粉の入った寒天で固めた『岩蔵』。

『切り羊羹』は、一本食べても平気なくらいの控えめな甘さ。『岩蔵』は餅米の粒々した感触と小豆が形を残した状態で入っているので食べごたえのある羊羹でした。

通販でも扱っているそうなので(『岩蔵』は8月限定発売)、興味のあるかたはどうぞ。

村岡総本舗ホームページ
[PR]
e0101411_19472015.jpg滝壺のそばには三体の石像がありました。

仁王様、観音様、蛇神様とお見受けいたしました。

近くに神社がありますし、そこかしこに石仏もあります。

滝壺周辺は滝しぶきもありひんやり涼しい感じ。
[PR]
e0101411_19502529.jpg


『福岡いちばん星』というNHK福岡の夕方6時台のニュースがあります。

先日、その番組の中で佐賀の小城町からの中継で清水の滝と鯉のあらいが紹介されていたわけで、それを見た母が、
「鯉のあらいが食べたいわ~」
とのたまった結果が、今日のお出かけの顛末です。

ようやく、目的のものが目の前に。薄く切った鯉を水にさらして身を引き締めたものを『洗い』というのだそう。

薬味をまぜたすぬたに鯉をからめる。口に入れるとコリコリとした歯ごたえを楽しめます。鯉と一緒のお皿にのせてあった鯉の皮が身と違う歯ごたえを楽しめました。私は、あらいより皮の方が好み。

あらい以外に、汁物とご飯がつきました。鯉のあらが入った汁物は、だしが利いておいしかった。玉ねぎが入っているのが珍しい。甘みを出すためかしらん。みそは白味噌を使ってました。

写真は一人前です。これにご飯と汁物がついて、お一人様二千円也。

お腹が満たされたところで、父曰く、
「小城に来たら、羊羹だ」
ということで、小城名物の羊羹を買って帰ることになりました。
[PR]
e0101411_19485366.jpg


滝の正面から見上げるとかなり高い位置から水が落ちて来ているのが分かります。

霧雨が降っているくらいの水しぶき。

マイナスイオンも一杯浴びてるはず。

滝を見終わった頃には、いや、滝を見る前からお腹が空いてました。

滝を見るので精一杯。撮った写真を見て、緑が一杯だったんだなあ、と気づく鈍くささ。
[PR]
e0101411_19444349.jpg


佐賀県小城町にやって参りました。

車で約一時間半、くねくねした山道を車酔い寸前の状態で到着。

鯉のあらいを食べる前に、清水の滝を見ることにしました。滝近くの駐車場が空いていたのでサクッと駐車。ありがたいことです。

滝まで300mほど歩きますが、離れた場所からでもその姿が見えます。清水川(名水百選に選ばれています)のせせらぎを見ながらいざ滝へ。
[PR]