1月の最終日。1月のシップは、今日が最後になってしまった。

今月のシップパートナー・空と、中旬のラブカードセラピーをする機会を逃して、月末になったけど、する!

空⇒ひらりん

私のお題は、『2月の実践どころのエッセンス』。空に右手(男性性、顕在意識)で一枚お願いすると、

右手:『エッセンス』(29)

が出た^^;

このカードは、彼女しか持っていないカード。私の手元にある同じカードは、『自己受容』。ということは、2月の実践どころの動のエッセンスは、『自己受容』か。

カードのナンバーが29ということから、この数字を単数字に分けて計算すると、

29⇒2+9=11
11⇒1+1=2

カードの意味だけではなく、カードのナンバーもエッセンスにしている。数字の2は、男性性、女性性のバランス。そして、チャクラに対応させて、該当するチャクラの持つエッセンスを、学びに活かしている。

この場合だと、チャクラの2。チャクラの2の霊的な側面は、自尊心。人間関係における問題も、チャクラの2に関係している。『自己受容』と何かつながりのあるエッセンスがあるのだろうか?

More
[PR]
by muumiyah | 2008-01-31 20:41
e0101411_17383889.jpg


[A]
■ aki ⇒ **hummingbirds**
■ angee ⇒ angeeの自己探究日記

[D]
■ dozen ⇒ Love Spiritual Peace/dozen
■ dozen/Ren ⇒ Lotus Diary~Ripe Of Source/dozen~
■ dozen/Ryu ⇒ Dragon Diary~Ripe Of Source/dozen~

[M]
■ map ⇒ Inner space.
■ motch ⇒ 僕は僕を抱き上げる
■ muumiyah ⇒ 空ニ魚ノ心アリ

[P]
■ P ⇒ 光の道々

[S]
■ SHU ⇒ 桂の月 ライフイズビューティフル
■ sora ⇒ ひらりん

[T]
■ Toline ⇒ TOLIN/Healing Environment
■ Tsubaki ⇒ Tsubaki's Garden

[Z]
■ zensen ⇒ 見つめる「わたし」

* ブログを持たない探究者もいます。
[PR]
by muumiyah | 2008-01-25 17:53
『自分を愛そう!』を合言葉に、ラブスピースのメンバーは、日々、自己探求を続けています。

そのラブスピースのメンバーであるムミヤは、エッセンスパートナーであるdozen/Ren(蓮)の真実に触れ、その真実を自らの体験を通して気づき、確信し、そして、自らの真実を見つけていく作業(自己探求)を、日々続けています。

dozen/Ren
Lotus Diary~Ripe Of Source/dozen~

以下の日記は、エッセンスパートナーである蓮に送っているmixiメッセージです。「ムミヤからのmixiメッセは、面白い」という蓮の話から、ブログで公開することにしました。

中身は、色々。質もピンキリなので、探求者の一側面を見ていただければと思います^^;

More
[PR]
by muumiyah | 2008-01-24 14:42
2007年もあとちょっとという12月30日にアップされた、dozen/Ryu(龍さん)のブログを読んで気がついた。『い』が足りないことを。

dozen/Ryu
Dragon Diary~Ripe Of Source/dozen~

12月30日『内なる自己とのコミュニケーション』
http://dragon-and-lotus.seesaa.net/article/75295175.html

すぐに龍さんへ、mixiメッセでその旨を伝えた。
8<-------------------------------------------------------------------------------------------
件 名 : ブログ読みました。

こんにちは、ムミヤです。

『内なる自己とのコミュニケーション』
http://dragon-and-lotus.seesaa.net/article/75295175.html

の引用部分。

>お互いに分離を感じ、「スピリット」と呼ばれるものがあることすら確信できな時は、必然的に外なるエゴが他の人より一段でも高く梯子をのぼって、安心感を得ようとするのです。

の部分で、

確信できな時は、⇒確信できない時は、

かな、と。

ではでは。
------------------------------------------------------------------------------------------->8
この時は、「しょうがないなぁ、龍さんは」ぐらいにしか思っていなかった。

でも、さすがに、二度目となると『ん?』となった。

More
[PR]
by muumiyah | 2008-01-23 19:44
今日は、スピカフェ(ムミヤとシベリウスを聴きに行こう♪ スピカフェ)の参加者がいなかったので、自分の楽しみのために演奏会を聴きに行った。それは、京都市民管弦楽団の第76回定期演奏会。その日の演奏会の曲目は、

 (1)チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」
 (2)シベリウス ヴァイオリン協奏曲ニ短調 作品47
 (3)チャイコフスキー 交響曲第4番ヘ短調 作品36

の三曲。どれも、好きな曲ばかり♪

さて、開場は、京都コンサートホールの大ホール。京都市営地下鉄北山出口から徒歩数分。自宅から二回電車を乗り継いで行ったのだけど、乗換えがスムーズで、自宅を出て四十分ほどで着いた。

京都に来てから演奏会を聴くのは初めて。このホールも初めて足を踏み入れた。大ホールへと続くスロープがゆるやかに円を描きながら、ニ階入り口へと続く。

こちらのホール。ニ階が入り口になっており、一階席の最後尾がニ階の高さまで続いていた。なので、二階席は、両サイドの席のみで、正面の席はなし。大体どこのホールでも、二階席正面が、一番、音のバランスが良いので、どうしようかと。

幸いコチラのホールは、三階席があった。正面一番前の席に座ると、福岡にいる時に、演奏会をよく聴きに行った、アクロス福岡シンフォニーホールの二階正面席より、舞台に近かった。座席のすわり心地も、京都コンサートホールの方が良かった^^

More
[PR]
by muumiyah | 2008-01-20 21:07
いつも、蓮ちゃんを見ていて、いいなって思うことがあった。

dozen/Ren ブログ⇒Lotus Diary~Ripe Of Source/dozen~

好きなことをして、楽しんで、そして、みんなに愛を惜しみなく与えている。私はというと、自分の楽しみなど特になく、日常、これといってやりたいことがあるわけでもなかった。

でも、蓮ちゃんとの会話で、気づかされたことがあった。それは、私は私に対して嘘をついていたということ。

私は、自分がやりたいこと、好きなことがあるのにそれに気づかないフリをしていた。本当は、楽しみたい、喜びたいことがいっぱいあるのに、それを見ようとも、知ろうともしなかった。

自分自身の欲求に素直になれない自分がいた。

自分が幸せになることに、後ろめたさを感じていた。そんなこと、誰も望んではいないのに。エヌワースだって、内なる私も、私が幸せになることだけを、望んでいる。それを、受け取らずに、自分で自分をひがんでいただけなのだ。

では、私が好きなのに、気づかずにいたことって何?

More
[PR]
by muumiyah | 2008-01-09 23:18
今月のシップパートナー、トリンにどうしても聞きたいことがあった。幸い、トリンは、近所に住んでいるので、彼女の家で、ラブカードセラピーをした。

トリン ⇒ Healing Environment

そして、開口一番聞く。
「トリンが持つ『豊かさ』について聞きたかったのよ~」

そう、彼女がもつ『豊かさ』や『ゆとり』が、どこからくるものか知りたかったのだ。

「お金が貯まらないわけを知りたい」
「なんか、仕事がだんだん辛いものばかり選択しているような気がする」
私自身が、感じていることを彼女に伝えた。

「なんで、お金がたまらないのかな。カード引いてみよっか?」
と聞かれたので、お金がたまらない、潜在意識のエッセンスを知りたかったので、左手で、引いてもらった。

左手:『軸』(68)

「何のためにお金をためているのか、目的がないんじゃないの?」
という彼女からのアドバイス。

確かに、貯めるための目的がなかったからかもしれないが、沖縄合宿という目的があったにも関わらず、お金が貯まらなかったというケースもあった。以前、沖縄合宿について、龍さんから『お金がないことを理由に、成長する機会を逃している。つまりは、成長を怖れている』というエッセンスをもらったことがある。

dozen/Ryu ⇒ Dragon Diary~Ripe Of Source/dozen~

それ以外にも、お金に関しては、何かありそうだ。お金をスタートに、『所有する』ことに対して感じているものを出してみた。

・持っていることに罪悪感がある。
・持っていると、誰かに取られると思っている。
・取られるくらいなら、最初から与える。
・誰か、どこかの誰かと比べて、持ちすぎるのは、良くないと思っている。
・豊かさに対する偏見。
・自分自身が、豊かになる資格がないと思っている。
・分かち合いができない。

そして、彼女と会話しながら、最後に行き着いたのが、自分自身がもつ傷だった。

More
[PR]
by muumiyah | 2008-01-08 21:28