私が、年度一杯で退職する旨を伝えたのは、昨年の11月末。それから、丸3ヶ月が経ったのだが、引継ぎの人が来るのは、3月の中旬だそうな。

私は、中旬から京都へ行って物件探しをするので、中旬から有休を使って会社には、来ないつもりでいたし、上司にも伝えていた。

今日、その上司のさらに上司、つまり管理職から面談の申し出があった。応接室に入ると、私の有休消化の仕方について、物申す! という感じで、言われた。

「こんなに連続して休みを取っていいのかねっ! 大体、君はこんなに有休が残っているのかっ!」
「3月上旬には、有休が発生するので11日残ってますが」

それを聞いて、総務課長へ確認する管理職。戻ってきたときには、手のひらを返して、猫なで声で話しかけてきた。

「いや~、私の頃と違って、今は、有休を申請したら会社側は、拒否できないんだね~。知らなかったよ」

とか言い出してきた。どうやら、総務課長は、ここぞとばかりに、この管理職に指導したようだ。で、この管理職は、引継ぎの職員が入ってくるのが、3月の中旬だから引継ぎの件で、末まで出社して欲しいとのこと。

この件で、同時期に辞める女の子と話していた。

「私ら、去年のうちに辞めるって言ってるのに、求人出すのも遅いし、引継ぎが来るかと思えば、3月中旬だなんて。この会社の社員ってすることなすこと後手後手だよね」

その話を、家で思い出しながら、考える。

これって、私の男性性のことじゃないの? 会社にいる男性社員は、私の身近な男性であり、会社での私の男性性を具現していると言ってもいい。その社員が、することなすこと後手後手って・・・・・・。

私の女性性に男性性が沿えていないってことか!

引越しは、めちゃ月末やな~。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-02-28 21:55
今朝は、いつも乗るバスに乗りそびれた。

余裕で間に合う時間に家を出られるにもかかわらず、着替えに何となく手間取り、走ったらまだ間に合う所を途中で走るのを止め、てくてく歩き始めた。

顕在の私は『?』だ。とりあえず、潜在の私は、バスに乗らなくて良いと思っているらしい。

バスを待つ気はないので、バス通りを歩いて来たバスに乗ることにした。

今朝の福岡は、暖かく昨夜降った雨のせいもあってもやがかかっていた。

そんな風景を眺めながら、自分が歩いている意味を考える。

春だなぁ。
暖かいなぁ。
昨日、バスで再会した学生時分の同期は付き合ってるのかなぁ。
シップパートナーへ送るメールの内容どうしようかなぁ。

そして、目に入る風景そのものに思考が移る。

現実と思っている目に映る世界にもやがかかっている。クリアに見えない。

これだぁ~!

以前、カレッジで蓮さんが話していたことは。

「スピリットの世界が現実なら、この肉体が存在する3次元は幻、夢の世界だ」と。

そのことを、顕在の私に見せたかったのかな。

それに気が付いた時に着いたバス停で、程なくバスが来た。

何とか間に合いそうだ。




■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-02-23 07:38
e0101411_2225395.jpg
私が今月サポートしているシップパートナーさんとは、最初にカードセラピーをしたっきりまともなやり取りをしていない。何度かセラピー時間を設けようとしたが、彼女のキャンセルでお流れになっている。

彼女のスピリットへ、今の彼女へのエッセンスをくださいとお願いして引いてみまた。

私の願いが通じたかどうかは別として(笑)

右手(男性性):『自分を知る』
左手(女性性):『ワンネス(すべては繋がっている)』

というカードがでた。

このカードをリーディングしてみると、この前の私の状態を見ているようだった。もしかすると、今もそうかもしれない。

それは、『分離』と『怖れ』だった。

女性性は、高次と繋がっている。男性性が自分を知るということは、高次と繋がっている女性性を知ることだ。

高次との繋がり(ワンネス)が感じられないと、自分を知ることができない。

まんまと分離ゲームにハマっている。

ワンネス(すべては繋がっている)だけど、彼女は自らその繋がりを絶っているように感じられる。分離は、怖れを生み出す。

自分は、スピリットと繋がっているのだという感覚は、どうしたら得られるのかなぁ。

本人がスピリットの存在に気が付いていなくても、スピリットは、ちゃんと彼女のそばにいる。だから、安心して自分を深く掘り下げていい。どんなに大変なことに出会ってもちゃんとスピリットは見守っているのだから。

ということを伝えたいのだが、タイミングが難しいね^^;



■ ラブスピース ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-02-22 22:25 | 探究

e0101411_23513465.jpg


ヴィーナスのイニシエで、スピリットネーム(エヌワース:Eneworth)とメッセージをもらった。

More
[PR]
by muumiyah | 2007-02-20 10:01
昨夜、京都で暮らすための物件を探していた。

蓮さんの近所と思われる、あるマンションの物件が目に付く。外観の写真を見て気に入ったが、姉に話をして意見を聞いてみると迷いが出てきた。

その建物の名前が地図に載っていた。名前で検索をかけると、そこは賃貸がメインのマンションではなくマンスリーマンションだった。もちろん、週単位の貸し出しもしている。

その物件を見ていた時、右肩から背中辺りが暖かくなった。

これは、迷っている私に、試しにそこで1週間暮らしてみたら? と後押ししてくれているようだった。




■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-02-20 09:12
今回の京都カレッジでの最大のギフトは、新月のイニシエでヴィーナスからメッセージとスピリットネームを教えてもらったことと沐隣からの愛の奉仕だった。

イニシエのことは後日。今は、沐隣のことが書きたい。

今回のイニシエでハートで感じた対価としてお財布に残っていたお札を全部渡したいのだが、そうすると小銭しか残らなくなる。

今月からカレッジは2日に渡って行われるために、土曜は宿泊が必要だった。今夜は沐隣と一緒に宿を予約している。

私は、どうしてもイニシエの対価を払いたかった。沐隣に聞いてみた、
「イニシエの対価払うと宿代ないけど、沐隣、宿代払えそう? 私財布に二百円くらいしか残らんのよ……」
「大丈夫!」
という彼女の力強い返事で、私は心置きなく対価を支払った。

ここから、沐隣の愛が発動されたのだ!

・王将での晩ご飯代
・宿代
・翌朝のスタバのコーヒー代
・西友でのお昼ご飯代
・西友でスピカフェすることを知らずに買ったお弁当とお茶代

以上の代金は、私がイニシエの対価として支払った金額と同じくらいのものだった。

これだけのことを、嫌な顔ひとつせずにさらりとやってのけるのだ、彼女は!
私にとっては、沐隣のこの行為は、ヴィーナスからのギフトと同じかそれ以上に嬉しいことだった。

ありがとう(´人`)、沐隣。

愛にあふれている沐隣だけど、君に欠けているのは、自分を許して愛を受け取ることだと思う。

沐隣のスピネームが分かった時、激辛焼き肉とサウナを存分にプレゼントするわよ^^

近いうちに実現しそうな気がする。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-02-19 12:30
なんとも、気分がすっきりとしない夢をみた。

夢の中で部屋の掃除している私。すると、部屋の隅から、トカゲやら爬虫類の死体が出てきたのだ。素手で触るのがイヤだった私は、割り箸でつまんでビニールの中へと捨てた。

こういう夢をリーディングするのは、気が乗らないが、気分がすっきりしないのはもっとやだし。

ドリーム・ブックで調べると、爬虫類は、『冷血』、死体は、『すでに死んでいる自分』と書いてあった。これを読んで、合点がいったことがある。冷たい私が死んだということだが、一体どの部分が?

先日、ラブカードを引いたときに、男性性について『エネルギーワークの必要性』というカードが出た。この時に、エネルギーを流すと、左半身には、厚みのあるエネルギーに包まれているのを感じたのに、右半身に流れるエネルギーを感じられなかったのだ。

つまり、私の男性性は、冷えていた。これは、私の持つ傷とも関係があるのだろうけど、こんな体験をしたのは、初めてだった。そして、この夢は、冷えた男性性が死んでしまったということだ。

このことがあって以来、エネルギーを流すときは、意識して右半身にも流すようにするとともに、男性性についても、掘り下げる必要性を感じていた。

その時、ちょうど読んでいた『ファースト・サンダー』に、男性性、女性性について考えるエッセンスがあった。

8<-------------------------------------------------------------------------------------------
右脳、つまり私たちの感情を司る右脳に関しては、感謝の思いが原動力となって、アセンションが可能になるんです。ここまではいいですか。さて次に、脳の左側の部分もアセンションを引き起こす一定の思考パターンを持っています。左脳は、論理的で言語を司り、分析的で、数学的で合理的です。左脳でアセンションの原因となる思考は、畏敬の思いなんです

抜粋:『ファースト・サンダー』(MSI著/太陽出版)P.97
------------------------------------------------------------------------------------------->8

勝手に、左脳=顕在という図式を作って、それをそのまま男性性=顕在という風に置き換えてしまっていた。そうじゃなく、女性性が創造する世界とは違った、男性性が創造する世界があることに気が付いてなかった。

男性性が創造する世界がもたらす叡智に対して畏敬の念を抱いていこう。女性性が、直感でイメージした世界を形作っているのは、男性性じゃないのか?

現実の世界では、女性が、こういうのがあったら便利なのにというアイデアを、男性が、形作って製品化しているといった感じかな。

そういうこともあって、私の冷えてしまった男性性にエネルギーを与えると、徐々に体力回復? してきたのか、右半身を下にして眠っても息苦しくなくなった。以前は、そうすると息苦しくて、すぐに左半身を下にして寝ていたのだが。右半身と左半身で体重が違うわけでもないのに、右半身は、左半身のもつエネルギーに圧倒されて支えきれなかったのだろう。

今朝は、右半身を下にして寝ていた(笑)

私の男性性は、女性性を支えられるくらいに成長してきたのかな。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-02-09 14:21
帰宅すると、dozenから注文していたラブカードが届いていた。

今日の具現のリーディングから、私に必要なエッセンスは何かをラブカードに聞くと、

女性性:グラウディング
男性性:エネルギーワークの必要性

だった^^;

いつまでもリーディングの内容にとらわれずに前向いて実践しなさい、ということか。ラブカード、おそるべし!

今から、しっかりグラウディングしてエネルギーワークします~。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-02-05 23:29
そして、開きっぱなし。どこのドアかと言うと、会社の男子更衣室のドアです。

朝、会社の更衣室に向かう廊下を歩いているところ、私の前を管理職の男性が歩いていた。前回の日記に登場した2名の管理職とは別の男性。その方が、更衣室のドアを思いっきり開けたかと思えば、開けっ放し。

おい! 閉めなくていいのか!

と突っ込みを入れつつ、私は女子更衣室へと入っていった。

余りにドアの具現が続くので、今日は一日折をみては内観モード。

ドアは、自己発見のシンボルだけど、今回の出来事は、ドアの向こうにあるものにフォーカスしろ、と言われているような気がした。

ドアの向こうは、更衣室。更衣室は、着替える所だ。男性ならコートや鞄を仕舞ったりする。女性なら制服に着替えたりと……。

更衣室は、プライベートとビジネスを切り替える空間。切り替えるのは、外見だけではない。意識や価値観までも変えてしまう。

では、今の私が切り替えるものとは?

それは、男性性の視点だ。顕在の目と潜在の目。

今の私は、右目が悪い。近視より乱視の方がひどいのだ。乱視は、眼球のレンズが歪んで、ものがダブって見える。ちなみに、近視ならぼやけて見える。

右目が効き目だから負担がかかっているわけではない。その原因は、左脳的、顕在的、男性性的で、その上機能不全からか歪んだものの見方をしているからだ。

女性性の機能不全がなくなって行くにつれて、男性性の機能不全も回復していく。

そろそろ、機能不全の男性性でものをみるのは止めなさい、スピリットの視点でものを見なさい、ということか。

現に、私は先週から終日メガネを外している。19年来かけて続けているメガネを、である。半日メガネを外すだけでも、頭痛、肩こりがひどくなるので、外せなかったのだ。

視力自体がよくなった訳ではない、相変わらず視界はクリアではないが、今の私はその状態で仕事をしているし、頭痛もない、肩こりもひどくならない。

メガネを外したのは、顕在でものを見るのは止めようと決めたからなんだけど、それが男性性にも波及しているのかな。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-02-05 19:52
私は、3月一杯で会社を辞めた後は、京都へ移住して探求メインの生活をしたいと計画を立てている。移住したものの、月々の生活費のことを考えると、4月からの仕事はどうしようか、となる。

4月から働ける仕事を、と思って探していたのだが、クラス5の合宿が4月中旬の平日3日間に予定されている。合宿は、絶対参加したい。

そこで、ふと思う。

4月から働かなきゃいけない、と考えるているのは、誰?
今の私は、空いた時間に働きたいと思ってたんじゃないの?

危うく、古いパターンを繰り返すところだった。

お金を得るだけなら、短期のアルバイトでもいいじゃないか。

お金の心配以上に、私は自分の天職というものについて、これから数ヶ月の自分の動向から気づきが得られるように、アンテナを張り巡らせる方が大切だ。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-02-04 16:08