昨日の日記に書いた『根』について、追記。

根:支持形態。連結。自分のさらに深いレベルに向かうこと。基盤。深い根は、生活の変動の猛威にさらされても、しっかり立っていることです。支援・慈しみを感じ取る人。問題の根。

(抜粋:「夢」のシンボル辞典『ドリーム・ブック』)

縦と横の繋がりを強化する。つまり、グラウディングとネットワーク強化ね。来るべき変化の波にさらわれないように深く根をはり、レベルアップせよってことか。

そして、今朝、寒くて目が覚めたついでに(コラッ)、エネルギーを流していたら『ご』『ごじょう』という言葉が頭に浮かんだ。

5と五条のことだと思うのだけど、5は第5チャクラ? 五条は京都に五条通りがあるけど、そのことを指しているのかな。でも、何のこっちゃ?

5:今すぐ事態を変えなさい。

(抜粋:「夢」のシンボル辞典『ドリーム・ブック』)

ふむ。コミュのメッセージがらみかな。気を引き締めなくては。4月から京都に移って探求メインに暮らし始めるけど、4月からではなく、今すぐ探求メインの生活にしていこう。後は、やっぱり第5チャクラ。今の私は、のど風邪状態なのだ。

では、第5チャクラについて調べようと『チャクラ・ヒーリング』を開くと、かなりの確率で、同じページのタイトルが目に入る。

8<-----------------------------------------------------------------------------------
霊的成長こそが本当の愛――
相手への依存・嫉妬は愛から神聖さを奪ってしまいます
----------------------------------------------------------------------------------->8

これか、このメッセージを伝えろってことね。ちなみに、この小見出しは、ハート・チャクラの章に書いてある。

五条については、私の手元にある京都情報は、地図くらいなので、五条通りで調べたページを見てみると、気になる文字が飛び込んできた。

それは、太秦(うずまさ)。昨日、本屋でチラミした日本とユダヤに関する本に、太秦に三本足の鳥居があるという記述を見かけて気になっていた場所だったのだ。

それに、太秦は母の故郷だ。

今日会う高校の後輩の名字には、『蓮』が入っている。その子から、何か情報が得られるかな。

なんだか『聖なる予言』みたいな展開だ。訳がわからずとも、直感と流れにゆだねる主人公には、必要なメッセージが現れる。よし。私も気合い入れるぞ!



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-01-27 12:47
私は、今現在、健康診断を行う団体で、健診結果の結果処理を担当している。私、一人だけでも、年数万人の受診者の結果を扱うのだが、そこで目にする固有名詞は、会社名と受診者名だけ。あとは、健診結果の数字と判定くらいだ。

で、最近良く目にする苗字が、○根さん、□根さんという『~根』という苗字である。私の苗字が△根だから目に付くのかと思ったが、今までも、『根』という漢字が含まれる苗字を目にすることは何度もあった。でも、気にするほどではなかった。

目に付く、気になるのは、そこに伝えたい意味があるから。最近の私は、自分の直感を信じるようにしているので、ちょっと考えてみた。

『根』は、根源、ルーツ。

私個人のルーツを指しているのかどうかは、分からないけれども、今生のことだけではなく、もっとさかのぼれということを言っているのではないかと思った。

これ以外にも、京都ワークからちょっとした気づきが続いている。コミュで見かけたメッセージから一冊の本にたどり着いた。それは、『ユダの福音書』。キリストの12使徒の一人、イスカリオテのユダ、俗に言う裏切り者のユダの福音書である。冒頭を読んだだけだが、引き込まれるものがある。週末、読了しよう。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-01-26 23:06
未熟な男性性にある背景とは?』に次のような文章を書いていた。

>私の男性性は、女性性に劣等感や嫉妬を抱いていたのだな。

そう。私にも嫉妬というエゴ(闇)の種を持っていたにも関わらず、花を咲かせた闇と自分が持っている闇の種に関係があるとは思っていなかった。

京都ワークの時に、花も種も同じ闇と何度も蓮さんが話していたのに、気づいたのは一日経ってからだった。

気づいて認めたその夜、エネルギーを流していると、子宮の辺り、つまり第2チャクラがジンジンしてきてた。女性性が喜んでいるのかな。

私が出来るのは女性性に愛と喜びをあげること。そして、溢れた愛を男性性に循環させること。ちょっとずつ続けていこう。




■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-01-23 11:07
21日の京都ワークが終わった後、私にとっては、2度目のイニシエ。そして、初めてのモークのイニシエだった。

今までの、イニシエと違い、モークのイニシエでは、お花だけではなく、水とタオルも必要だった。私が選んだお花は、シンビジウム。帰宅後に花言葉を調べたら、『高貴な美人、飾らない心、気取らない心、素朴、熱心、野心』とのこと。幅の広い花言葉だ。

さて、イニシエが始まる前に、龍さんから、
「今日、印つけるから」
とさらっと言われて、目が点の私。

印ってなんぞや? と思いつつも、部屋に呼ばれて、沐隣ちゃんと並んで瞑想しながら待つ。

11月に受けたイニシエとは、準備も雰囲気も全然違う。アロマの香り、キャンドルのほのかな明かり、そして、花びらを浮かべた聖水。全てが厳かだった。

私の名前が呼ばれて、モークの状態の蓮さんの前にあぐらで座った。手のひらを上にして蓮さんのひざの上に乗せた。私の手のひらに、蓮さんが手のひらを乗せエナジーの動きを見る。

ハートチャクラにじわーっと熱が広がるのを感じる。そして、その熱は、第2チャクラまで届いた。
11月のイニシエの時もそうだったが、顔が自然とほころぶ。嬉しくってにや~と笑う、不気味な私……。

それが終わると、蓮さんが額に何かを塗った。その上に花びらをつける。私の両手にも持たせてくれた。

「ローズピンクを飲み込んでください」
と言われて、ローズピンクの色を液体をイメージして飲み込んだ。

私のイニシエが終わるとすぐに沐隣ちゃんのイニシエ。
何事もあっさりしているモーク。職人気質という言葉がぴったりだ。

モークに感謝して部屋を出る。

印が付いてるよと、hajaさんに言われて携帯カメラで自分の顔を撮った。印は、インカのイニシエートに付けられると教えてもらった。

蓮さんの『新たなイニシエが始まる』から、

8<------------------------------------------------------------------------------------------
このイニシエを受容する際、あるいは今までのイニシエを受容する際、印が着けられる者がいるそう。
その印を着けられた場合、さらに高度なイニシエが施される。(が、即座にその場でとは限らない。)

それを受けた感想は、後日にでも龍自身が日記をつけるだろう。
(今回の龍の場合には、今生に関わるスピリットの記憶の蘇りを潜在に落とし込むことがされた。)
このイニシエの案内も後日。
準備がいることから、もしや京都だけで行われるかもしれない。
(準備さえ叶うなら、どこでも行える。)

このイニシエも赤子や幼子、誰でも受けられるがオープンハートとスピリットにいざなわれたものに限る。
印を着けられる者はさらに、いざないにゆだねられるかが問われるところ。

------------------------------------------------------------------------------------------>8

ここでも、『いざないにゆだねられるか』が問われているが、いざないにゆだねられれば、たどり着く地があるということ。恐れることはない。導かれるままに進めばよいのだ。

ありがとうございます。私を導いてきた全てに感謝^^



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-01-22 11:49
蓮さんの『わたしの男性性と無限の愛』を再び読んで、内観の深さに改めて驚嘆する。私が、ここ数日内観していてもやっとしていた部分がはっきり書いてある。

『どういう切り口で未熟な男性性を育てるか』もやっと度★★★

蓮さんの記事からの引用1
8<-----------------------------------------------------------------------------------------
わたしの男性性のリセット(改善)はこれだ。

わたしとしてのリセットは、女性としてこのままさらに成熟しながら、自分の世話や自立を、パワーではなくフォースで行う。
愛をもって世話をし、愛をもって自立をする・・・ということだ。
男性としてではなく、あくまで女性として・・・というのが最もなポイントでもある。

ゆえにこのポイントを、まるで男性かのように取り組んでしまうと、ズレる。
つまり男性のように自立していくのとはまた違うということ。
そのはき違いをしてしまうと、それは必ずまたズレを起こしてしまう。

わたしは男性ではない。女性だ。
------------------------------------------------------------------------------------------>8
蓮さんの記事からの引用2
8<-----------------------------------------------------------------------------------------
女性の男性性の成熟は、男性のようになるのとは違うということ。

女性であるわたしは、自分に愛をもって愛の動きで接する。
世話をする。それが自立にもなる。
つまりわたしは自分に対し、わたしが歓ぶこと心地いいこと愛をどんどん与えること。
出し惜しみせず、パワーで接しコントロールせず、自分のハートの声を否定し抵抗せず、歓ばせ愛することに手を抜かず、決して自分を怠惰に扱ってはいけないということだ。

とにかく溢れんばかりの愛で自分を世話すれば、それは女性であるわたしの男性性が成熟し、女性性はもちろん歓び成熟を増し、互いに溢れん愛で循環しあう。
------------------------------------------------------------------------------------------>8
蓮さんの記事からの引用3
8<------------------------------------------------------------------------------------------
男性性が成熟することは、つまり女性性をも成熟させることになり、
男性性が愛をもって愛で実際に接するなら(内外一致)、それが男性性が女性性に与えるものであり、その与える行為想いすべてが男性性自身の自己受容となっていき、ますます成熟していく。

こういうものを与える男性性は、自分も成熟するだけでなく、与え、それを今度は受け取る女性性は、受け取ることが女性性の自己受容なので、内外一致の愛を受け取った女性性は、純粋な(無限の愛)を産み出す=創造していく。

それがまた男性性に還元され、それがまた女性性に還元され・・・と、循環し、その循環はさらにまた純粋な愛を産み出す。

これが無限に産み出される、無限に育まれていく、どんどん純化していく質が成熟していく、無限の愛と呼ばれるエネルギーでもある。
------------------------------------------------------------------------------------------>8
蓮さんの記事からの引用4
8<-----------------------------------------------------------------------------------------
自分を救う行為が、自動的に他者にも波及するという真の救い。
また真の救いというものは、自分でしか自分を救えないという真実が在る。

それが内在の男性性女性性にもあてはまる・・・ということだ。

男性性を女性性が救うことはできない。
逆も同じで、女性性を男性性が救うこともできない。

各自、自分でしか救えないのだ。

その、自分で自分を救うそのものが、自動的に内在の異性を救うことにもなる。
------------------------------------------------------------------------------------------->8

女性の中の未熟な男性性を育てるには、やはり女性性を最大限に発揮させて自分を喜ばせることが大事なのよね。そして、内なる異性へ愛の循環をする。この、愛の循環という気づきまでに私は、至らなかった。

蓮さん、奥の深いエッセンスをありがとうございます。

また何度も読み返して実践だわ。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-01-18 18:11
エゴとカルマに、どういった種類のものがあるのか、『プレアデス 人類と惑星の物語』に書いてあった。

【7つの太陽系のカルマのパターン】(金星、火星、マルデック、地球にて発達したもの)

傲慢、耽溺、偏見、憎しみ、暴力、犠牲、恥

【地球特有の7つのエゴの誘惑】(否定的なエゴが仕掛けてくる罠のようなもの)

肉欲、怠惰、暴食、高慢、怒り、嫉妬、貪欲

エゴの誘惑とカルマのパターンを変容して超越するには、それらが具体的に何であるかを認識しないといつまでも克服できないままだ。

この本、dozenワークで紹介された本だ。買ってからひと月以上放置していたけど、読み始めたら3日くらいで読み終わってしまった。ほぼ一気読み。

この本、小学生の道徳の教材にしてもいいくらい。スピリットの歴史を学ぶことで、自分の心の有りようとか、心の問題を克服するために意識することとか、他者理解と接し方とかを学ぶ機会が多くあるといいな、と考えることができた一冊でした^^



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-01-17 22:38
姉に4月から一人暮らしをする旨を伝えた夜。夢を見た。

健康センターみたいに広い浴場で、私は裸(といっても下着は履いていた。ブラはしていない)になりタオルを巻いた後、お湯が流れるすべり台を流れるのだ。途中で、女性が一人いて流れる私をガシッと止めるとタオルをはだけて、胸をゴシゴシ綺麗になるまで洗ってくれた^^;

綺麗になると、私も女性も喜んでいる。その後は、またすべり台を流されて行く私。

なんとも不思議で気持ちのよい夢だった。まるで産道を通りながら、世俗の垢を綺麗に落としてもらっているみたい。

夢に出てきたキーワードは、次の通り。

風呂:浄化。洗浄。また、くつろぎの時。しばしの自己満足。「水」を参照。
水:感情エネルギー。澄んでいるか、濁っているか、淀んでいるかで、感情の状態を表します。
女性:自分の側面で、創造的直感、受容性、情緒、慈しみ。順応性、感受性、無意識。見抜きやすく入りやすい開放性。
胸:ハート・チャクラ。内在の神あるいは愛のセンター。慈しみ、安楽、無条件の愛。
洗う:あなたの行動を洗い流しなさい。感情の洗浄、浄化。

(抜粋:「夢」のシンボル辞典『ドリーム・ブック』)

夢を思い出しながら、私はおかしくてしょうがなかった。

私の胸をゴシゴシ洗ってくれた女性は、両手を広げて、「ヨッシャ、来い!」って感じだったのだ。肝っ玉母ちゃんみたいで頼りがいのある感じ。

この女性のイメージって私の具現化された女性性なのかな。弱々しくて繊細というよりは、力強くて包容力のある女性性。

夢を通して、ハート・チャクラの浄化を促され始めたということかな。その具現というのが、夢を見た次の日くらいから、元々風邪をひいていたのもあるけれども、気管支に痰が詰まってせき込むことが続いている。今は、ずい分良くなったけれど。

チャクラの浄化。いっちょ、やるか!




■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-01-11 07:07
空港(名古屋にある某空港)周辺には、飛行機の形をしたアドバルーン(風船)が漂っている。離陸する飛行機にアドバルーンが絡まるが、飛行機は絡まったアドバルーンを地上から引きちぎって上昇する。

それを地上から眺めていた私は、そばにいた友人に、
「あの飛行機は、国際線か国内線か?」
と尋ねていた。友人は、
「あの高さまで上昇するなら国際線。国際線なら5000mまで上昇するだろう」
と話していた。

空港内で、高校の後輩の女の子と再会。彼女から贈り物(鉛筆と消しゴム)を頂く。
私は、彼女に、
「今まで嫌なことに気づかない振りをしていたのでは」
と話していた。

別れた後、上りのエスカレーターに乗った私は、高校の後輩の男の子はどうしているのか、その男の子と姉の再婚はどうだろうかと考えていた。

という夢を見た。

More
[PR]
by muumiyah | 2007-01-08 13:06
1.16スピカフェ感想(map)
http://thunderbird78.seesaa.net/article/31553749.html

ハジメテダラケ(aki)
http://blog.goo.ne.jp/hanamaru3-3/e/81f815857e0abb3d23f08b9acc51d28e

たのしいよ^^(空)
http://marugeritta.blog17.fc2.com/blog-entry-192.html

ラブスピースカレッジの良さ(ゆき)
http://mugenlove.seesaa.net/article/39961820.html

スピカフェ感想♪(瑠璃)
http://ruriel.seesaa.net/article/20939104.html

インチャの癒しは愛ある社会に貢献する
http://dozen.seesaa.net/article/22033362.html

スピカフェ in 新宿御苑 にて☆  Aaoi
http://blog.livedoor.jp/ta_manori11/archives/64630463.html

奈良―阿修羅に会う―  ゆき
http://mugenlove.seesaa.net/article/44563545.html

7.22(日)スピカフェ in 群馬   Aaoi
http://blog.livedoor.jp/ta_manori11/archives/64695102.html

スピ特盛りな日  moeno
http://spiritlife.livedoor.biz/archives/50731560.html
[PR]
by muumiyah | 2007-01-07 23:04
風邪で一日寝こけていた私。

夕方、熱が上がったのか熟睡したくても出来なかった状態で……。

仰向けに寝ていた私は、右肩をぐっと押されたような感じがした後、お腹の辺りがぐわ~っと引っ張られた。

『あ"ぁ~~~?』

躰全体が、吸い上げられるように上昇して、動きが止まったかと思えば、下から引っ張られるようにして下降していった。躰は、風力というか移動しているときに感じる風があった。無風だったのは、動きが止まった時だけで。

その間、目を開けることが出来なかった私^^;
だって、その時は、なんぢゃコラーって感じだったもの。

結局、夢か現か分からなかった。

次に同じことが起こったら、目を開けて確かめるぞい。




■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-01-06 21:29