<   2006年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

たとえば、まず自分自身の荘厳な美を目にして、自分自身への愛と思いやりを表現することができるまでは、本当の意味ですべての生命の美を見たり、それに気づいたりすること、あるいは他人に対する深い愛や思いやりを表現することはできない。

ひとつの理解として、自己愛が本当のものとなってはじめて、あなたの理解を広げていくための基盤ができ、自分の外にある生命を抱き容れることができるようになるのである。

そして、この理解が達成され、既知のものになると、自分の外にあるように知覚している生命は、実は自分自身であるということに気づき始めるのだ。

抜粋:『ホワイトブック』(ラムサ著/星雲社)P.85
[PR]
by muumiyah | 2006-10-30 22:06
あなた方はみな支配されてきた存在であり、支配してきたのは、恐れであった。

常にそうであった。

知識は恐れを取り除くことを可能にする。

そして、恐れがなくなれば、あなたはもやは他人の望みの奴隷になることもなく、完全に自分自身の自由の中に生きることができる。

知識を持っていれば、あなたはいつも自由である。

いつでも自由なのだ。

これらの教えに思いを巡らし、実践し、体験すればするほど、あなたはさらに自由に、さらに喜び溢れるようになっていく。

抜粋:『ホワイトブック』(ラムサ著/星雲社)P.35
[PR]
by muumiyah | 2006-10-29 20:44
e0101411_20114025.jpg


夕方、京都から小包が届いた。

石とともに
よき探求の歩みが
いざなわれますように…
         -dozen Ryu.Ren.

ステキなメッセージつき♪

石は、全部で六つ。上から、

・サルファ(自然硫黄)-温泉の匂いがする!
・スノーフレーク・オブシディアン-黒曜石に雪片状の模様がついたもの。
・シトリン(黄水晶)-欠けている面がなだらかな曲面をしていてなでると気持ちいい。
・アイドクレース(ベスブ石)-見かけはごつごつしていて無骨だが、一番気になる石。
・サーペンティン(石綿)-注意書きに『袋から出さないように』と書いてある。注意します!
・フックサイト(クロム雲母)-含有物の種類により色が違うそうな。

スノーフレークだけ勾玉の形で、他は全部原石だった。

これからは、一人の探求から石と一緒に探求が始まる。

今日は、どの石と一緒に瞑想しようかなぁ。一番気になる石は、ベスブ石。これかな。

蓮さん、龍さん、ありがとう^^

■ dozen/Ren ⇒ Lotus Diary~Ripe Of Source/dozen~
■ dozen/Ryu ⇒ Dragon Diary~Ripe Of Source/dozen~




■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2006-10-28 20:11
朝、起きて鼻をかむとでろっとした黄色い鼻水が出てきた。

うーん、これは早めに耳鼻科に行って消毒せな副鼻腔炎(蓄膿症)になるばい。

ということで、博多駅近くのかかりつけの耳鼻科に行った。多少の期待を持って。

耳鼻科の治療は、消毒と処方箋を書いて終わり。その後が、メインなのだ。

博多駅のバスセンターに入っている紀伊国屋に行けば、ラムサのホワイトブックが手にはいるかも。半ば、確信に近いものを持って精神世界のコーナーへ。

そこには、マイミクさんが紹介していた岡本天明の『ひふみ神示』があった。うほー、ラッキーと思ったが、持ち合わせがないのでまたの機会に。そして、本棚の下にありましたよ。ラムサのホワイトブックが。

すぐに、お買い上げ。

そして、帰り道のカフェで、メールを書いている。

私が、作為的だとあれこれ頭でこねくり回していることも、大きな流れからみれば、くしゃみをしたくらいの一瞬のことで、要するに大したつまづきでもないのだなと気がついた。

大きな流れの中でバタバタしても、ちゃんと流れに沿って流されている。抵抗しているな、と思うことでも、何が何でも気づくようにしてくれている。

私って、アホやな~。

本ばかり読んで分かった気になって、実践していないことに(結局、風邪を言い訳にしている)、後ろめたさを感じていたのだ。

目を覚まそう。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2006-10-28 13:48
これまで自己探求を自分なりにしてきた。

本を読み、自分を見つめ、出来ることはする。

でも、なんか違う。なんか作為的なんだよね。私の悪いところだ。

なんとかしよう。
どうにかしよう。
私なら出来るはず。

はっきり言って、ゆだねていない。エゴっている。

京都のワークに参加したときのこと、スピカフェで蓮さんがある参加者に話していた内容が、頭の隅に残っている。私にしては珍しいこと。その言葉は、

「かさぶたを無理にはがそうとしてない? ほっとけば、治った頃に自然とはがれるのに、無理にはがして血を出して、かさぶたの下に何があるかを見ようとしている」

私の場合は、血を流す代わりに風邪をひき、未だにその余波を受けている。風邪を引いて、寝込んでいる間に気がついたことって、頑固だということくらい。

以上が、さっき博多駅の紀伊国屋に行く前に考えていたこと。

さて、行って私は、はたと気がつくこととなる。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2006-10-28 13:27
先日購入した『愛についての真実』について。

この本は、会社を午後休した時に、なぜか自宅に直行せずに本屋に寄った時に買ったもの。

右のこめかみがズキズキする偏頭痛が続いていたのだけど、なぜか精神世界の本のコーナーに居て、ラムサの本を手にしていた時には、頭痛はどこかへ行っていた。フシギ~。

さて、龍さんから京都でホワイトブックを紹介されたのを思い出して探してみたがなく、他のラムサの本を買おうとしてどの本を買おうかしばし悩む。

手にしている本を買うか、あえて手にしなかった本を買うか。

私は、後者を選んだ。つまり、無意識に避けている『愛』について書かれているであろう本を買った(直観よりエゴが勝っている時は、あえて選ばなかったものを選んだ方がいい時もある)。

読んで、ビンゴだった。先日の日記に引用した部分を読んだときの私は、ニヤリ。

こういう女性になりたあ~い! 気高く美しい魂を持つこと。それを目指してもいいんでないかい?

蓮さん、ラムサの文章を紹介して下さってありがとうございます♪ この本、読んで、ラムサのファンになっちゃった!



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2006-10-28 00:00
e0101411_12383592.jpg


残業の合間に窓の外を眺めると、日が沈み、夜と昼が交代する空を見ることが出来た。

休み明けの割には、一日頑張って働いたよ。

良くできました♪
[PR]
by muumiyah | 2006-10-27 21:38
過去の記事を読み返して思った。
私は、行動していない。
本を読んで、知識化しているだけだった。

今の私が抱いている不満を書き出す。

・現在の会社は、通勤に時間がかかる。
・残業時間が、多すぎ。
・締め切りに追われて、ストレスが溜まる。
・自分のペースで仕事が出来ない。

これらを解消するには、どうすればよいか?

・自宅から近いところに職場を見つける。
・勤務時間が決まっている派遣として働く。

これら2つのことが実現するだけでも、かなりの変化がある。

早速、派遣会社のホームページにアクセスして仮登録をする。

現在の会社は、年内を目処に退職したい。
新しい職場には、年内か年明けから勤務できるようにする。

不思議と、この前まではこの会社で頑張らないといけないとか、この会社で私が出来ることがあるとか、妙な使命感に駆られていたが、よく考えるとそうでもないことが分かった。

私が、どうしたいかという点で、物事を見ていなかった。

誰かのために、何かのためにと、義務や使命感を、どこかよそから引っ張ってきたような気がする。本当は、そんなことしたいわけじゃないのに。

本当にしたいこと。そういえば、一つあるなぁ。

私が前の職場で将来や現在のことで悩んでいたときに、先輩が紹介してくれた人生相談&占いの先生に会ったときのこと。

先生が、私に言った言葉、
「あんた、今までずっと我慢ばっかりしよったんやね。もうそんなことせんでもいいとよ」
その言葉を聴いて、どっと涙が溢れたのだ。

相談が終わって帰るときには、将来、この先生みたいに、人の心の枷みたいなものをとっぱらえるようなことをしたいと思っていた。

それは、今も心の隅に残っている。

なんだ、私、したいことあるじゃん。

そのしたいことを隅に追いやって、左脳的知性は言う、
『そんなことして生活できるわけ無いじゃん。大体、人の相談に乗る能力がお前にあるのか?』
と。

そんなこと、あんたに言われんでもわかっとるわい。あの時会った先生も、色々な人生を重ねてきたからこそ、口に出来た言葉なのかもしれない。

そういう意味でも、私は、人生の経験や人とのふれあいが少ない。
もっと色々な人たちと接して吸収したいこともある。
自分が知らない世界を知りたい。
そのためには、一箇所に留まっていたのでは、制限があるのだ。

そして、人の心の枷を解きたいのなら、自分の心の枷を解かなくては。

つうことは、やっぱり自己探求なんだな。

ふりだしにモドル。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2006-10-26 10:58
顔やプロポーションによって評価される女ではない。

しかし、あなた方の多くが、それらに夢中になっている。

それは、人生ではない。

あなたは、人生において、生物学的な自然な性質として、最も美しくなって、子どもを生んで頬を紅潮させるのに好ましい時期を与えられている。

その時期、あなたはスタイルがよく、胸もあり、子宮もあり、顔も美しい。

だがそれは、ほんのいっときにすぎない。

それは、単に、相手の気を惹いて性交するためのものだ。



だが、本当の美しさは体とは関係ない。

それはスピリットの独自性のことであり、躍動する目と鋭いマインドのことであり、人生における挑戦をよく理解してるスピリットのことである。

それは、他人に頼らず、男に頼らないスピリット、男を罠にかけながら生きていないスピリットのことである。

女でありながら霊的なキリストになるということは、まさに注目に値する驚くべきことだ。

それは賞賛に値することであり、空に2つの月を見るよりも珍しいことだ。


抜粋:『愛についての真実』(ラムサ著/星雲社)P.62~63
[PR]
by muumiyah | 2006-10-26 09:54
昨夜は、ご飯を食べて姉や姪とおしゃべりした後、お風呂にも入らずに寝てしまった。

寝ながら、ただの風邪なのに関節が痛い意味を考える。

「なんでやろ? 関節って曲げたりするものが痛みで曲がらんちゅうことは、曲げたくないから曲がらない訳で、って何を曲げたくないんや、私?」

ここ1、2週間のことを考える。

「……そうか、分かった。自分の今までの古い考えを変えたくなかったんや。何冊か本を読んで、ナルホド、って思っていても、実践して変わっていくことにエゴが抵抗してるんやな」

そう気がつくと、心なしか痛みが引いてくるような気がする。

今朝は、熱も6度台に下がり、いつも通りに出勤出来た。

うーん。気づきは、薬よりもよく効くわ♪


■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2006-10-25 07:18