e0101411_1861834.jpg

朝目覚めると、昨夜はつぼみの多かった花たちが水を吸って勢いづいたのか、大半が開き始めていた。

昨夜は、私の祝いごということで、姉と姪たちがプラスアルファのことをしてくれた。
姉はケーキ、姪たちは花を買ってきて、下の姪はひまわりの絵を描いてプレゼントしてくれた。

食事は、普段の晩ご飯なんだけど、スープとおかず一品は上の姪の手作りである。心遣いが嬉しい。姪たちには、もてなしの心がある。いい子に育っているなぁ、と常々思うが、こういう所が、私たち(姉含む)と大きく違うのだ。

誕生日の歌は、もちろん姪たちの通っいる保育園で歌っていたそれ。
「たんたんたんたん、たんじょうび~。おばちゃん~の、おばちゃん~のたんじょうび~。
たんたんたんたん、たんじょうび~。み~んなの、み~んなのたんじょうび~。
おめでとお~っ♪」
という歌である。

そう、この誕生日は私一人の誕生日ではない。みんなも楽しむ誕生日なのだ。

部屋の明かりが消されて、三本のローソクの明かりだけになる。
軽く息を吹きかけただけで、小さな炎は消えてしまった。
姉が用意したケーキを四等分に切り分けて美味しくいただきました♪

そんな、楽しい時間が終わったあと、おもむろに上の姪っ子がバナナみたいな造形をしたものを持ってきた。
「おばちゃん。これ、あげる」
「何の形?」
「ティラノサウルスの歯!」
「はぁ?」
何でも、姪っ子が好きな科学の本に、石膏を使って恐竜の歯を作ろうというキットが付いていたそうな。歯には、化石風に彩色も施してある。芸が細かい。

花束に恐竜の歯に絵と、バラエティに富んだプレゼント。
私の部屋は、ますます混沌としていくが、それが嫌じゃないと思うところが、昔と変わった所かな。

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

生まれてきて良かったんだ、と再確認した日でもあるのだ。
[PR]
先日会った友人が話してくれた映画をDVDでレンタルしてきた。

母の死をきっかけに自室に引きこもるようになった主人公サトル。そんな息子のために、外の世界に触れさせようとサトルの父が作ったロボットがヒノキオ。サトルは、そのヒノキオを通して学校生活を送っていた。

ある日、ある出来事をきっかけに無感覚であるヒノキオに、感覚フィードバックシステムをインストールしたサトルは、ヒノキオを通して人の温もりを感じるようになるが……。

というのが、かなりざっくりしたあらすじ。

この感覚フィードバックシステムをインストールしてから、サトルは人の温もりだけではなく痛みも感じるようになる。

そう、サトルはそれまでは、テレビ電話レベルの交流しかしていなかったのだけど、人の温もりや肌を感じたいと思ったからこそ、感覚フィードバックシステムをインストールしたのだ。

言葉を交わすだけの交流に、もどかしさとさびしさを感じたのかもしれない。生身の人間との対話は、言葉以上の会話を生む。

人との交流って楽しいし、大切だし、なにより心が温かくなる。そんな方たちと出会いたい。自分自身も会いたいと思えるような人になりたい。
[PR]
e0101411_18125465.jpg


短い実家滞在(19時間!)だったけど、元気な両親の姿とムーちゃんを見ることが出来て私は幸せ者です。

さて、今日は午後から石屋さんへ行く予定だったので、家へ帰らずに直接石屋さんへ。小さなお子さんがいらっしゃるので、お菓子でもと思い、天神地下街で買い物をしていると、肩をトントンとされた。

何事かと思って振り向くと何と前の会社で一緒だった先輩で私より一年ほど前に辞めた方でした。
「お久しぶり~」
と言いながらひしっと抱き合う女二人。かなり怪しげ……。

彼女は近くで働いているとのこと。私はバスの時間があるし、彼女はもうすく昼休みが終わるし、バタバタと連絡先を交換して別れました。

彼女と連絡を取りたいと思っていたけど連絡先を知らなかったものだから、どっかで会えるといいなぁと思っていたので、この再会はとても運がいい!

それに、今日石屋さんの予定を入れなかったら彼女と再会出来なかったわけだから、色々な都合が上手く繋がった結果が今日の出来事だったのね。

その後、石屋さんでは、指輪とブレスを一つずつ作って、水晶のクラスターまで注文して来ちゃった。週明けには、手に入る予定。楽しみ楽しみ。

今日は、お盆休み最後の日。充実した日を過ごせたわ♪ 明日から仕事だけど、ぼちぼちガンバロウ!
[PR]
e0101411_181522100.jpg


実家に帰ってきました。
帰るとリビングにはすでにクーラーが効いているではないか!
母の心遣いが嬉しい。

そして、愛しのムーちゃんに再会! だが、昼寝中……。でも、そんなことお構いなしに、パシャパシャ写真を撮る私。何枚か撮っているうちに、目が覚めたみたいで、というよりも、シャッター音で目が覚めた(笑)? そんな可愛いムーちゃんを撮って満足満足。

可愛い写真が撮れたところで、母のお話を聞くことに。それも親孝行と言うことで。私は、この前、先生に視ていただいた話をすると母も興味津々。

お喋りしている間に、夕方になり、母は夕食の支度。私は、寝場所の確保! 私が去年まで使っていた部屋で寝ることにしたので、窓を開けて風通しを良くしたり、布団を敷く場所を確保したり、押入れに押し込んだままの書籍の整理なんぞをしているうちに、夕食の時間。

夕食は、豚の塩焼き、大根のおなますに、竹の子とをワカメの煮物なり~♪ 美味しかった~ヽ(゜▽、゜) 慣れ親しんだおふくろの味よね。

さて、飛行機の音もしないし静かな夜を過ごそうかしらん。
[PR]
昨夜、映画『ゲド戦記』を観てきた。
姉から、評判悪いみたいね、との一言を聞いていたけれども、予告を見たときからこの映画は見なきゃいけない映画だと思っていたので、観にいきました。

映画の冒頭に、詩が出てきました。

ことばは沈黙に
光は闇に
生は死の中にこそあるものなれ
飛翔せるタカの
虚空にこそ輝ける如くに

この詩は、原作の物語の巻頭に書かれた詩だと後から知ったのですが、この詩を頭に叩き込んで観ると、この映画で言わんとすることは、分かるかと思います。登場人物は、この詩を展開した台詞を随時しゃべっているから。

この映画は、子供向けではないし、言葉を頭に留めながら観ないと映画も自分も見失ってしまうような感じです。分かりにくいと言えばそうだし、考えさせられると言えば、そうとも言える作品。

一番印象的だったのは、
『死を恐れる余りに生を見失ってしまう』
『死を否定することは、生をも否定することになる』
といった台詞です。これが、この映画というか、原作第3巻のテーマみたいですね。コレを事前に知っておくと、幾分頭を悩ませることなく観られるのでは、と思ってます。

映画は、ゲド戦記の第三巻を中心に描かれているので、多島世界・アースシーの背景や、真(まこと)の名の存在などを事前に知っておくと良いかもしれない。ネットで原作のあらすじを読むだけでも、映画を観る時に役立つと思う。

この映画、テレビアニメにすると子どもが観ても分かるくらいに噛み砕いて物語を展開できるのになぁと観終わった後、ふと思った。

テレビアニメ化、どうですか?>スタジオジブリさま
[PR]
朝、新聞で目に付いた記事を読んでみる。『親不孝通りの今』について書かれた記事だ。

今の親不孝通りには、外国人が経営する飲み屋さんが多く、そこに出入りする外国人たちは、親不孝通りをオヤフコーと呼び親しんでいると、書かれていた。

親不孝も変わったもんだなぁ……、と思って、その時は終わった。

話はその日の夜に飛ぶ。

映画を観た帰りにバス停に座って待っていると、
「すみませ~ん。親不孝通りってどこにあるんですか?」
と若い女の子二人に尋ねられた。幸いにも、バス停に天神周辺の停留所案内が貼られていた上に、親不孝通りまで載っていたので、それを見ながら案内した。

彼女たちが去ったあと、
「親切に教えてもらったね~」
と言うのが聞こえて、道案内しただけでそこまで喜んでくれるのかと、こっちの方が感謝したいくらいだった。

そこでフト思い出す。先日会った先生に言われた言葉だ。

『あなたは、ひとつの考え方しか頭にない。同じ知識でも仕事以外の雑学を身につけなさい』

『新聞で読んだ記事が、明日の話題になったりするのよ』

明日どころか、その日の内に関係する言葉を発する人たちに会う確率って、きっと未知数。つまりは、偶然。だけど、それは意味のある偶然だと、教えるために起こったのが今日の出来事なのかも。
[PR]
e0101411_1414597.jpg


局地的な雨が降ってること間違い無し。雷もゴロゴロで大粒の雨と風が吹いているだろうと予測。

昨日、会社から見上げた雲がこんな感じで、雷ゴロゴロ大粒の雨に風と短時間でバラエティに富んだ気象現象を体験してました。

離れたところから見るとこんなに大きな雲なのだと、自然の偉大さとわが身の小ささを感じ入る。

夕方、ひと雨くると良いな。
[PR]
なぜ、ウラがつくかというと、保育園以外での父兄の集まりを保育園が禁止しているから。それはともかく、昨夜は、凄かった……。

姉から、
「保育園のママたちが来るよ~。夜の9時くらいから♪」
とは、聞いていたけれども、夜の10時ごろ帰宅したら玄関にクツクツクツ。

何人きとるんじゃあ! と思いつつ、自室へ。
1、2時間で帰宅するだろうと思いきや……。

朝、リビングに入ると、姉が行き倒れた人のように倒れて寝ていた。とりあえず、窓を開けてお酒の匂いを風で飛ばす。そうすると、姉もムクリと起き上がってきた。

とりあえず、姉から昨夜の惨状(笑)を聞くと、年長さんのクラスで4分の3のママが参加していたとのこと。保育園なので、働くママばかり、日ごろの仕事や保育園に対する不満、保育園でのママ友のこととか日ごろ話せないことを皆さん話す話す!

姉から、うるさくって眠れんやったろ? と聞かれたが、姪っ子二人の方がよっぽどうるさいと返事しておいた。実際、騒いでても声のトーンが低いからさほど気にならなかったけど。

姉に聞いて驚いたのが、第一陣が帰宅したのが夜中の3時頃で、最後の人が帰ったのが、6時半頃だそうな。子持ちのママは、パワフルだ。女の人って子どもを産むと強くなるというけど、ホントだな。

実際、こうやって顔をあわせてお酒を飲んで話をして、初めて分かることがあるだろうから、これからも家にチビたちがいないときは、集まっていいよ、と言っときました。

働くママには、ヒトリモンにはない苦労があるのだ。
[PR]
e0101411_1243311.jpg


訪ねたのは、私ではなく、もちろん姉である。

夜、四国へと旅立った姉からメールが届いた。

>今、宿に着いた。とりあえず写真送る。ペットボトルはお土産の水さ。
>今から太平洋眺められる露天風呂入ってくる。満月だし、良い感じ。

とのこと。
予報では、台風の接近で明日は雨になるそうだ。良いタイミングで源流に行けたみたい。

台風に気をつけて旅を楽しんでくださいな。
[PR]
数日前そう呟いた姉は、今日の午後から四国へ旅立った。

上の姪は、一週間のキャンプへ、下の姪は、同じく一週間祖父母宅へお泊りなので、姉も早めの盆休みをとって旅行である。私はというと、仕事があるのでどこへ行くともなく、普段どおりの生活を。ちょっと違うのは、一人で過ごせるということかな。

困ったことは、食事を作って食べないといけなってとこか。コンビニの食べ物は、平日の昼ごはんで口にするので、家の食事までコンビニ漬けはやだな。

さて、今晩の食事は、何にするかな。唯一人前に出せる料理? と言えばカレーうどんくらい。この前、カレーうどんを作ったときは、
「これって、料理したっていうの?」
と姉に言われたが、私なりに手を加えて(やっぱり、料理じゃないな……)作ったからいいのだ。

夕方涼しくなったら材料を買いに行こうっと。
[PR]