カテゴリ:福岡ライフログ( 97 )

e0101411_1414597.jpg


局地的な雨が降ってること間違い無し。雷もゴロゴロで大粒の雨と風が吹いているだろうと予測。

昨日、会社から見上げた雲がこんな感じで、雷ゴロゴロ大粒の雨に風と短時間でバラエティに富んだ気象現象を体験してました。

離れたところから見るとこんなに大きな雲なのだと、自然の偉大さとわが身の小ささを感じ入る。

夕方、ひと雨くると良いな。
[PR]
なぜ、ウラがつくかというと、保育園以外での父兄の集まりを保育園が禁止しているから。それはともかく、昨夜は、凄かった……。

姉から、
「保育園のママたちが来るよ~。夜の9時くらいから♪」
とは、聞いていたけれども、夜の10時ごろ帰宅したら玄関にクツクツクツ。

何人きとるんじゃあ! と思いつつ、自室へ。
1、2時間で帰宅するだろうと思いきや……。

朝、リビングに入ると、姉が行き倒れた人のように倒れて寝ていた。とりあえず、窓を開けてお酒の匂いを風で飛ばす。そうすると、姉もムクリと起き上がってきた。

とりあえず、姉から昨夜の惨状(笑)を聞くと、年長さんのクラスで4分の3のママが参加していたとのこと。保育園なので、働くママばかり、日ごろの仕事や保育園に対する不満、保育園でのママ友のこととか日ごろ話せないことを皆さん話す話す!

姉から、うるさくって眠れんやったろ? と聞かれたが、姪っ子二人の方がよっぽどうるさいと返事しておいた。実際、騒いでても声のトーンが低いからさほど気にならなかったけど。

姉に聞いて驚いたのが、第一陣が帰宅したのが夜中の3時頃で、最後の人が帰ったのが、6時半頃だそうな。子持ちのママは、パワフルだ。女の人って子どもを産むと強くなるというけど、ホントだな。

実際、こうやって顔をあわせてお酒を飲んで話をして、初めて分かることがあるだろうから、これからも家にチビたちがいないときは、集まっていいよ、と言っときました。

働くママには、ヒトリモンにはない苦労があるのだ。
[PR]
e0101411_1243311.jpg


訪ねたのは、私ではなく、もちろん姉である。

夜、四国へと旅立った姉からメールが届いた。

>今、宿に着いた。とりあえず写真送る。ペットボトルはお土産の水さ。
>今から太平洋眺められる露天風呂入ってくる。満月だし、良い感じ。

とのこと。
予報では、台風の接近で明日は雨になるそうだ。良いタイミングで源流に行けたみたい。

台風に気をつけて旅を楽しんでくださいな。
[PR]
数日前そう呟いた姉は、今日の午後から四国へ旅立った。

上の姪は、一週間のキャンプへ、下の姪は、同じく一週間祖父母宅へお泊りなので、姉も早めの盆休みをとって旅行である。私はというと、仕事があるのでどこへ行くともなく、普段どおりの生活を。ちょっと違うのは、一人で過ごせるということかな。

困ったことは、食事を作って食べないといけなってとこか。コンビニの食べ物は、平日の昼ごはんで口にするので、家の食事までコンビニ漬けはやだな。

さて、今晩の食事は、何にするかな。唯一人前に出せる料理? と言えばカレーうどんくらい。この前、カレーうどんを作ったときは、
「これって、料理したっていうの?」
と姉に言われたが、私なりに手を加えて(やっぱり、料理じゃないな……)作ったからいいのだ。

夕方涼しくなったら材料を買いに行こうっと。
[PR]
e0101411_1822953.jpg


朝、バス停に向かう私の目に映ったのは、朝陽をさえぎるまだらな雲だった。

今の私の気分だな……。こういうのを心象風景っていうんだっけ?

そんな気持ちでバスに乗り込んだ私だったけど、ある方の写真で、気持ちは上向きに。朝から良い風景を見ることができて感謝です。

今日は、土曜日。
一日中雑務に追われた私は、定時退社。久しぶりのジュンク堂でぶらりと歩いていると、メールが届いた。

朝、バスの中で出したメッセージの返事である。十年以上振りの言葉のやりとり。彼女が、足あとを残してくれなければ、この再会は、すぐには実現しなかっただろうなあ。ありがとうです。そして、彼女に私の存在を教えた友達にも感謝。

今日は、とても充実した一日だった!
良いきっかけがあると身辺の動きもなめらかになるものだと実感した一日でした♪
[PR]
今日付けで営業課の課長が一人退職されました。

私が入社して、沢山の社員が辞めていったけど、正直何とも思いませんでした。

社内で、彼のことを誉めた部下も上司もいなかったけど、私の中では一番の課長でした。

色々迷惑かけたけど、嫌な顔一つしないし、私がヘマしたときも(←かなりヤバいことしましたーー;)スマートなフォローに、課長の人柄を垣間見ました。

明日から、その課長がいないとは。。。

課長の良いところは私がちゃんと知ってますから。

帰りに課長へご挨拶。

課長は、21時を過ぎているのに、後任の課長へ引き継ぎをしてました。

長く話すと泣いてしまいそうだったので、手短に挨拶をして失礼しました。
課長から「ありがとう」という言葉。
「お疲れさまでした」と言うのが精一杯。

帰り道、グズグズ泣きながら天神まで歩いた私。

別れが悲しいものだと知ったのも、今回の別れのおかげ。
短い間ですが、お世話になりました。

私は、もうしばらくこの会社で働きます。
[PR]
e0101411_23554163.jpg


朝から楽しげな雲がプカプカ。私も雲になって空をたゆたい……。

カメラ付きの携帯にしてから空の写真をよく撮るようになったのだけど、最初は一切の人工物を排除して空だけを撮っていた。

でも、コンクリートの箱の中で生活する私が、人工物を排除して良いものだろうか?

そう思うようになってから、町中から見える空を撮るようになった。

その方が、私にとっての自然だから。
[PR]
クラシックを聞いた後に、この映画を見るという組み合わせもいいのか悪いのか・・・・・・。

母のリクエストであるこの映画を見に行ってきました。70年代に公開された映画のリメイクだそう。母は、オリジナルを2度ほど見ているとのこと。

だがしかーし! 始まる前から寝るなっちゅーの>マイ母

この映画、小難しい地殻変動の話は置いといて、印象に残ったのが、

『僕は、今まで自分のやりたいことだけをやってきた。でも、やりたいことだけじゃない、やるべきことがあるんだ!』

という主人公、小野寺の大体こんな感じ(↑)の台詞でした。そう、使命感に生きる人は、強い。そうすると、私の使命ってなんだろう? とか考えてみるが、具体的な答えはない。

それ以外に、私がこの映画を見て考えたのは、極限状態での人間の心理と行動ってもの。1年後に日本という場所がなくなるという状況で、果たして国外に脱出するか、残って何が何でも生き残るか、日本と共に死ぬのか、はたまたそれ以外の選択肢を選ぶのか、などと色々考えちゃうわけ。

結論。

私は、あさって地球が滅ぶとしても、明日はいつもと変わらない生活を送ります。多分。
[PR]
思い立ったが吉日。ということで、日曜日の午後に、母と一緒にオーケストラの演奏会を聴きに行きました。

曲目は、R.シュトラウス作曲の交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』、モーツァルト作曲の交響曲第35番ニ長調『ハフナー』、そして、チャイコフスキー作曲の交響曲第5番ホ短調です。

友人が出ているというのもあるのですが、メインのチャイコフスキーの交響曲第5番は、私が学生時代に所属していた学生オーケストラで、初めて演奏会に出たときに弾いた曲です。CDを持ってはいますが、やはり生演奏が一番!

演奏会が始まって、友人の姿をアクロスの二階席から眺める。かなり遠い。目が悪いからなおさらだ。でも、元気にしているようで良かった。

曲の合間に指揮者のおしゃべり。ユーモアのある方で、おしゃべりの間の取り方が上手い! おしゃべりだけじゃなくって、パフォーマンスも楽しかったぁ。

さて、メインのチャイコフスキー。自分が弾いたことがある曲だと、ただ聴くというよりは、昔の出来事を演奏を聴きながら思い出すといった感じで聴いてました。

いや~あまりいいことは思い出さなかったわ。練習がつらかったな~。とか、練習の時には大丈夫だったのに、本番で弾きそこなったよねぇ、ここ、とか。

2楽章のホルンのソロで我に返る私。鳥肌が立つようなソロ演奏でとても素敵♪ やっぱり生演奏はいいわよね~。

さて、次は、オールモーツァルトのフィルハーモニア福岡を聴きに行こうかしらん。

【福岡OBフィルハーモニー・オーケストラ】http://www.ob-phil.com/
【フィルハーモニア福岡】http://www.phil29.net/
[PR]
昨夜は、帰りが遅くなったけどいいことがありました。

私以外にも数名の営業社員が残っていて、その内二名が私と同じ方向に帰るとのこと。おかげで、彼らが帰る時に、車に同乗させてもらいました♪

一緒に車に向かう途中、課長がなにやら鞄をゴソゴソ。何をしてるのかと思いきや、
「チョコ食う?」
と振り向きざまにピーナッツチョコレートを差し出す課長!

噂で甘いもの好きとは聞いていたけれども、目の当たりにして口元もほころびますわよ。
く~課長可愛い! 普段とのギャップがたまらない!

そんな課長とその他社員一名での夜のドライブ。

二人とも子持ちのパパなので、彼らの会話は興味深い。私自身父親との接点が余りないまま大人になったので、父親が何を考えていたのか良く分からず、イマイチ理解しづらかった。

子持ちの男性が子供とどういう会話をして何を考えたのかを、ちょこっとだけど垣間見ることが出来て嬉しい私。父親もこういう会話を会社の人としてたのかどうかは、私に知る由はないけれども……。

30分ほどの短い間だけど、仕事の時には見られない二人の顔を見ることができた私。

そんなことがあった翌日の今日は、何となく気分も晴れやか。

いい気分で一日を終えるとこうも違うのかと、実感した一日でした♪
[PR]