カテゴリ:福岡ライフログ( 97 )


e0101411_0102697.jpg


久しぶりにクラシックの演奏会へ。

この演奏会では、チャイコフスキー『白鳥の湖』の第1、2幕をバレエ付きで演奏してました。

生でバレエを見るのは、初めて。

これが白鳥の湖かぁと、感心することしきり。

バレエはずぶの素人なので、違うバレリーナを白鳥と思って見てました^^;

登場するのはずいぶん後なのね……。

お召し物が他の白鳥と同じ白だけどゴージャス! 4人の白鳥の群舞や、小白鳥? の群舞も楽しく見てました♪

久しぶりに彩りのある週末でした♪
[PR]
車で10分程のところにあるお食事処に父の日のお祝いにと、父を連れて行きました(運転したのは父ですが)。

海が一望出来る所は、満席。

海を見ながらの食事は出来なかったけど、小さな庭が眺められる窓際に座ってお食事。

私は海鮮丼、両親は天ぷら御膳なるものを注文し、さらにイカとアジのお造りを追加。

お腹いっぱい^^

私は満足だったのですが、味にうるさい父は、どうだったのかな?

支払いを済ませて(払ったのは母ですが)帰宅。

運転は父なので、お酒が飲めなかったのは、申し訳なかったかな。

私が運転すると、ほろ酔い気分も吹っ飛ぶでしょうし^^;

今日は、一日充実してたかな。

無事に一日が終わって感謝です。

そして、父へ。

いつもありがとうございます。

今しばらくご迷惑をおかけしますが(笑)
[PR]
朝から旅番組を見ていたところ、奈良の料理人の方が、

『野菜は土の中で八割が出来上がる。後の二割を料理で仕上げる』

と言うことをおっしゃってました。

いいタイミングでアドレスを頂いた気分^^

今の私はやりたい仕事をするのに必要な土台の八割がまだまだだわ。

気持ちは充分だけど、勇み足も考えもの。

ふむ。急がば回れ。今の時点で出来ることを仕上げて行くことが先決か。
[PR]
人間ドキュメントに、広島県呉市の万年筆メーカーで働く職人、長原さんが出ていた。

長原さんは、会社からの指示で万年筆の良さを広めて欲しいとのことで、15年前から、百貨店等で万年筆の修理を店頭で行っている。

番組では、亡き父が残した万年筆、夫からプレゼントされた万年筆、先生が教え子に譲るために持ち込んだ万年筆、脳梗塞で筆圧の落ちた父のために使いやすいように調整して欲しいと持ち込まれた万年筆などが、長原さんの手で綺麗に修理されて行く。

長原さんが、修理するのは万年筆だけではないのだ。

修理を通して、亡き人と生きている人を思い出で繋いだり、わだかまりのある夫婦間の風通しをよくしていく。

番組に出ている人達だけじゃない。

見ていた私の気持ちも修理してもらった気がする。
[PR]

e0101411_18555056.jpg
久しぶりに見た映画だった。


More
[PR]
昨夜は、余震が続いてその度に目が覚めてしまって、ほとんど眠らないまま夜が明けてしまった。地震は、今まで何度か体験しているけれども、余震が続く地震を体験したのは、今回が初めて。これが、しばらく続くとなると、気が滅入るよ。

新潟の地震では、地震や余震のショックで亡くなる方が相次いだけど、福岡でも同じようなことが起こらないとも限らない。しばらく注意が必要かも。
[PR]
まさか、自分が地震に遭うなんて、朝自宅を出たときは考えもしなかった。

今日は、公開模試があるので、受験会場へ向かい、9時には着席して9時半に試験開始。

11時前、試験を受けている最中にゆらゆらと。
私は、8階にいたんだけど、地震体験の施設にいるときみたいな状態だった。
立っていられないし、かといって机の下に潜るにも最寄の机は軽いものだから脚をつかんで、動きを止めることはできなかった。

しばらくして、ビルの職員の誘導で非常階段を使って外へ出たのだけど、その時に、福岡が震度6の地震に見舞われたことを知った。

試験は、打ち切りになって後日ホームページで対応を確認するように言われて解散。私は電車が止まっているので、帰宅できず、市内に住んでいる姉の家にバスで向かった。

姉の家は、幸いに被害もなく、電車が運行再開されるまで私は姉の家でずっとテレビを見ながら過ごしてました。

こういう時、どういう行動を取るべきか、普段から決めておかないとパニックになるだけだと思った1日でした。
[PR]