カテゴリ:福岡ライフログ( 97 )

今朝、ふと自分の周りを見渡して、動きがないな、と思った。

変化がない。
刺激がない?
いや、嵐の前の静けさ?

頭に浮かんだのがナウシカのワンシーン。風の谷で風がとまっておばばが「風の谷、はじまって以来ぢゃ!」とわなわなふるえてつぶやくシーン。風がとまったのは、オームの大群が風の谷に向かってくる前触れだったなぁ。この時は、オームが怒りに駆られて自分を見失ってたっけ?

風がないのは、私のエゴ勃発前だからだろうか?

資格とるために日々勉強していた訳ではないが、とるのをやめると決めたら、急に気持ちに余裕ができた。
気にかかることが多かったけど、自己探求や瞑想に意識を集中できるようになった。
自分が望んだことだことへと気持ちが動いていくことで、変化が出てきそう。

何かをしていないと落ち着かなかったのは、きっと中身が空虚だったから。

風って風みずから吹くことはなくって、気圧の差があったり誰かが風を送らない限り風は吹かないのだ。

今朝、勉強で使っていた書籍を持って出た。ブックオフに持っていってリサイクルするため。

バス停に向かう途中みぞおちの下あたりが暖かくなる。

変化を起こすのは自分。
私の内に風を起こそう。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
今日は、のんすけの保育園の生活発表会の日。

私は、昨夜、同僚と飲み会で帰宅が午前様だったので、起きたのは昼を過ぎていた。

ごめん、のんすけ。最後の生活発表会を観に行けなかったおばちゃんを許してね。

さて、保育園での生活発表会の後には、親御さんのお話し合いがあるそうで、姉は、その間に何人かのお子さんを預かっての小一時間のあずかり保育をしていた。子どもたちがたくさんいれば、勝手に遊んでくれるので、別に私が遊び相手をすることは、なかったが、子どもたちのおままごとの声を聞いていると楽しいのよ。

『せんたくものは、かんそうきにいれて~』
と言う子どももいる。姉と二人で、
「乾燥機なんて、アイテム。うちらが子どもの時にはなかったよね~」
とほのぼのしてました。楽しいなぁ、子どもって。

そんな預かり保育も、あっという間に親御さんからのお迎えの電話で終了。ごそっと子どもたちが帰っていくと、静けさとともに、部屋の温度も下がったように感じました。

短い間だったけど(短い間だから?笑)楽しかったよ、君たち♪
[PR]
しかもかもしかもしかだがたしかあしかはしかではない
しかもかもしかもしかだがたしかあしかはしかではない
しかもかもしかもしかだがたしかあしかはしかではない

訳)
鹿もカモシカも鹿だが、確かアシカは鹿ではない

まず、覚えないと言えなさそう。
[PR]
私が選んだ花は、黄緑色の花。これは、午前中に奈良へ行った時に、歩きながら決めた色だった。だけど、黄緑色の花なんて私自身見たことがない。

セルフヒーリングのワークが終わり、イニシエまでの待ち時間、hajaさんとお茶をして過ごすことにした。その時に、イニシエ用の花を買いたいと思ったので、dozenのお二人に聞くと、近所の西友の地下に花屋さんがあるとのこと。

西友の地下へと続くエスカレータを降りながら、黄緑色の花にはこだわらずに決めようと考えていた。

目的のお花屋さんが目に入る。初めは、黄色やピンク色の花が視界に入ったけど、よく見るとあった! 黄緑色の菊のような花びらをした花だった。

迷わず買う。

昨日買った花も欲しいと思っていた色の花だった。
二日続けて欲しい花が手にはいるなんて、これぞギフト!

hajaさんと近くのロイヤルホストでイニシエまでの時間つぶしにスピ話をしていた。二人で、スピリチュアルやdozenを知ったきっかけをお互いに話す。

私は、浅見帆帆子さんの著作を読んだことからスピリチュアルの世界に足を踏み入れたこと。
mixiのコミュニティーからdozenのお二人のブログを知って読み始めたら止まらなくなったことなどを話した。

お互い、違うルートでdozenを知った模様。縁って不思議だ。

さて、イニシエは、私からだった。用意した黄緑色の花を並べる。

蓮さんの前に立った。

昨日より緊張しているのが自分でも分かる。左手側を蓮さんに向けて立っているときに、グラウディングをもっと強くするように言われる。自分でも弱いと感じる。強くイメージしたけれども実感がない。

その時だった。下腹部周辺から、血の気が引くようにザーッと体温が低くなった。その状態で、蓮さんに背中を向けてあぐらをかく。

上から順にエネルギーが流されるが、私が感じたのは、腰に流されたエネルギーだけだった。
下腹部に広がる柔らかい暖かいトロリとしたエネルギー。エネルギーだけじゃない。気持ちまでうれしくなって、一人でニヤ~と口元をゆるませていた。

蓮さんとのハグの後、
『自分を大切に』
という言葉をもらった。

まずは、自分から。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
e0101411_2157521.jpg


待ち合わせの時間に間に合わないため、タクシーを使って行くことにした。

More
[PR]
ずいぶん前から読み始めたブログがある。

Love Spiritual Peace/dozen

愛についてエゴについて書かれている文章を読み続けた。

その期間は、半年くらい続いたような気がする。
いつから読み始めたかなんて、私が覚えているわけがない。

読み続けた中で気づいたことがある。

エゴっているときは、dozenのブログを読まない! ということ。

『自分は、これで大丈夫』
『今のままで十分だ』
というエゴまっしぐらの時には、耳の痛い話には、目を背けてしまう。

そんな私が、ブログを読み続けて、少しずつどこかが変わって行ったのだろうか?

ブログで横浜や京都でのワークが紹介されているのを目にするようになり、私も、受けてみたい、けど、どうしていいか分からないまま、過去のブログを読み続けていたところ、ちょうど今回のワークが紹介されているのを読んで、決めた。

セルフヒーリングを受けよう。

そう決めてから、少しでも予習をしようと、ハトホルの書を読んで、プラーナ呼吸など、自分で出来る範囲のことをやってみた。

そして、8日の夕方。お二人と出会えた。

鞍馬寺の帰りでバタバタしていた私を、お二人は、暖かく迎えてくださった。
そう、お二人の周囲の空気は、やわらかい。

三人で、アットホームな雰囲気で、スピ話に花が咲く♪
普段、友だちと話すことはないような中身が飛び出してくる。

そして、その後、イニシエの前準備としての軸あわせを受けた。
イニシエは、明日のセルフヒーリングが終わってからということ。

今晩は、明日のセルフヒーリングの予習をすること。
第2チャクラにローズピンクをイメージしてバリアを張って寝るようにとのこと。

ホテルに帰り、一息ついて、お風呂に入った。
鞍馬寺から貴船神社へと歩き続けて、足は痛いし、眠いし。
湯船で一眠りして、お風呂から出た。

椅子に腰掛けて、今日の復習。
ローズピンクとバリアがどれほど出来たのかは分からないけど。
ベッドに入るとすぐに眠りについた。


■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
e0101411_21374276.jpg

バスが止まった時に車窓から、ボーリングの機械が見えた。

青空をバックにいい感じである。

止まっているのを幸いに窓越しに写真を撮った。
意外とクリアに撮れた。
窓ガラスの汚れはみじんも写っていない。

天神は、人も車も少ない。

風は強い。

いつもと違う時間を楽しんだ土曜の朝だった。
[PR]
e0101411_12122560.jpg


毎朝歩いているバス停への道が、行き先を示してくれているような一本道に見えた。

目が覚めたら、七時を過ぎていた。会社に間に合う土曜のバスの時刻は、数分後に迫っている。

今夜は、夜行の高速バスで京都へ行くので、定時退社をする予定が一時間遅れとなりそう。

とりあえず、遅刻する旨を会社へ連絡する。

そうすると、逆に時間ができた。洗濯機を回すぐらいはできそう。

余裕を持って家を出る。

バス停でいつものメルマガを読む。今日のタイトルは、『ベストタイミング』。寝坊したことの意味を考える。何も浮かばない。カフェインが欲しい。

そばのお店の張り紙を読む。『海援隊の中牟田俊雄のワンマンライブ』と書いてある。このライブを聞きに行くようにという天啓だろうか?

いつもと違う時間のバスに乗る。乗客は少ない。

ブログの記事を書きながら車窓からの風景を楽しむ。いつもの朝ならしてないことだった。
[PR]
この三つを整えるためと言えば、カッコ良さげに聞こえますが……。

お茶を今日から習い始めました。紅茶とか中国茶ではなく茶道のお茶です。

半月前くらいに新聞の折り込み広告で募集していた某流派の初級クラスに応募して、少ない募集定員内に運良く入ることができました。

初回の感想は、楽しくて美味しくてしびれました。しびれたのは、モチロン足。

他の生徒さんたちは、平然と正座されてましたが……。もうちょっとやせよう。体重重すぎてすぐに足がしびれるわ!

それでも、楽しい気持ちがいっぱいなのだ。先生は、やさしいし方ですし、ホントお茶は初めてという生徒相手に丁寧に指導して下さいました。

二時間のお稽古でしたが、あっと言う間におわっちゃって。学んだことも沢山あるので、まめに復習しよう♪

さて、来週はどんなお稽古になるかなぁ。
[PR]
e0101411_06540.gif


読みながら、泣いていた。

昨日から、なんとも言えない気分の悪さみたいなものがあって、それが何なのか分からずじまいだった。

リンクをクリックして偶然たどり着いたサイトで、このお話がPDFで全文公開されていた。

ありがたい。
一気に読んだ。
そして、泣いた。

今の私が求めていたものの答えをもらった気がする。

私も旅をすることに決めた。

世界で一番美しい話
http://u-keshiki.net/
[PR]