土に触れて大地を感じて。


e0101411_123143.jpg


Love Card #15[Type Old]:dozen/Ren ● Image editing:ムミヤ

dozen/Ren ⇒ Lotus Diary~Ripe Of Source/dozen~




2月のシップパートナー、moenoさんとラブカードセッションをした。

moeno ⇒ スピリットライフ ~自分道の極め方~

moenoさんの近況を聴きながら、自分自身の探究と一致する部分を見出しながら、セッションを続けていく。

その中で、あるラブカードをmoenoさんのために引いた。


『土に触れて大地を感じて 15』


一枚のラブカードがもつ意味は、多様で深い。


カードの中にある『土』というキーワードを、手元にあるシンボル辞典を紐解いて調べてみると、

・基礎固め、土壌作り。
・土に触れることで、自分自身に治癒をもたらし、身体に穏やかな効果をもたらす。

とある。


そこから、私が感じたのは、気づきによる、ゆるしと癒しだった。


自分自身が、行ったエゴや不全の行為。

そのような行為で自分自身を満たしていたことを知る。

知ったら、責めるのではなく、そのような自分を、認めてゆるしていく。


moenoさん自身が引き寄せた学びと、私の学びは、飾りが違うだけで、鏡で映しているかのよう。ラブカードセッションを通じて、違う表現をなされて、自分自身へと自分の状態が、お知らせをされるのだ。


このセッションで、私は、キャロライン・メイスの『第8のチャクラ』に書かれていた一文を思い出した。

私のこれからの探究に必要な姿勢を教えてくれる。



怒りや古い傷の罠から解放されるには、つらい体験を象徴的、客観的に見ることができるまで、チャクラを逆に進む梯子を登らなくてはいけない。

癒しには訓練が必要となることもあり、自分のこれまでの歩みを象徴的に見る内なる取り組みが一晩で終わることはまずないのだ。


(『第8のチャクラ』 P.217)



自分自身に起こった象徴的な出来事を、エゴで学ぶのではなく、愛で学ぼう。



真の気づきは、変化をもたらす。

それが、肉体に波及されるまで、どれくらいかかるかは、分からないけど。


探究に、終わりはないのだ^^





■ ムミヤの探究サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]