宮古島スピキャンプ(3)ガマと蛇。


e0101411_1525554.jpg


来間島のとある浜にあるガマから見た海。

台風13号が、はるか西方を通過している頃で、波がまだ荒い。



午前中に、私とPと六花は、10日のアクセスで言われていたイニシエーションに相応しい場所を探していた。

P ⇒ 光の道々
rikka ⇒ 日日是好日

探すポイントは、11日の夜に、龍さんから見せてもらった写真に映っていた来間島のとある浜にあるガマ。

dozen/Ryu ⇒ Dragon Diary~Ripe Of Source/dozen~

私は、12日の午前中にみんなで浜にガマを探しに行った時に、気になったけど自分で確認することをしなかった場所に、そのガマがあるような気がした。

そして、今日の午前中に気になる場所を確認しに行って、写真と同じガマを見つけた。

その時に、写真に撮ったガマの中から天井を見ると、穴から光が入ってくる。どうやら、地上までその穴は、貫通しているようだった。

ガマから出て、穴が開いている場所を探しに行くと、ある穴の中に、その穴の色とは異質の黒と青の縞模様の生き物が、うごめいていた。

蛇だ。

今までの人生で、初めて見る色合いと模様の蛇(※)だった。

e0101411_1527403.jpg


蛇は、クンダリーニの象徴。

私たちが、創造したいイニシエーションも、クンダリーニが関係している。



この後、みんなと浜で合流し、蓮へガマと蛇の話をした。

dozen/Ren ⇒ Lotus Diary~Ripe Of Source/dozen~

その場所を確認しに浜へ下りていく。

そして、見つけたガマの近くにあるちょっと奥まった場所を、今回のイニシエーションに相応しい場所として、蓮が選んだ。



すぐに、イニシエーションの準備が始まる。

イニシエーションは、2度行われた。

私も、2度目に受けられた。

産湯に浸かるような、そんな感じのイニシエーションだった。



このイニシエーションは、自然との共同創造でもあった。イニシエーションに使った場所は、普段は、砂に埋もれている場所だった。

それが、台風13号の影響による強い波で、その砂が洗い流され、顕になったくぼみだった。昼のほんの数時間だけ、干潮の時に現れた場所だった。

夕方、満潮へと向かう浜を再び訪れた。

その場所は、荒波によって運ばれた大量の砂で、すでに埋もれていた。



※この蛇は、海ヘビで、イラブウナギとかイラブーと呼ばれているとのこと。



《一緒にイニシエーションを共同創造したみんな》

■ dozen/Ren ⇒ Lotus Diary~Ripe Of Source/dozen~
■ dozen/Ryu ⇒ Dragon Diary~Ripe Of Source/dozen~
■ Torine ⇒ Healing Environment/torine
■ SHU ⇒ 桂の月 ライフイズビューティフル
■ P ⇒ 光の道々
■ rikka ⇒ 日日是好日



■ ムミヤの探究サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]