満月の夜、自転車のライト。


e0101411_0325524.jpg


近所のスーパーへ、普段使っている化粧水を買いに行くために、自転車で向かった。





すでに、日は落ちていたので、懐中電灯を自転車のライト代わりにカゴへ入れて、こいでいた。

スーパー内の日用雑貨を扱っているお店へ行く。去年まで、ここのお店でバイトをしていたのだが、その時一緒に働いていた女の子がレジをしていた。化粧水を買い、その子と互いの近況を、話した後、地下で買い物をして外へ出る。

駐輪場へ向かうときに、視界の端に、ベンチでタバコとを吸っている二人の姿が目に入った。通り過ぎようとしたが、その二人が気になり、戻って見ると、健久美夫妻だった。

久美 ⇒ I am ~愛に還ろう~
健二 ⇒ [創造]自分を愛する[自己探求]

「久しぶり~」と互いに、挨拶をして、しばしお喋り。
健久美夫妻は、ムミヤが京都での部屋探しをした時に、同行してくれたお二人なのだ^^

『物件の決め手は、笑顔!』(2007/03/05)
http://muumiyah.exblog.jp/5743244/

健久美夫妻が京都へ来て、数ヶ月経つが、近所のスーパーで会うのは、実は初めてだったりする。話を聞くと、健久美夫妻は、私と会う前に、龍さんにもばったり会ったらしい。

dozen/Ryu ⇒ Dragon Diary~Ripe Of Source/dozen~

「ムミヤと近所で会うのは、初めてやんなー。空全とかゆきもっちとかには、よう会うんやけど」と久美。
「そうやね~。なんか、京都でこうしてばったり会うのが不思議^^」と私。

空 ⇒ ひらりん
全 ⇒ 見つめる「わたし」

ゆき ⇒ ∞Infinite Love~Spiritual~
もっち ⇒ 僕は僕を抱き上げる

話が終わって、別れた後、自転車を取りに行き、カゴの中の懐中電灯をつけた。自転車は、健久美夫妻がタバコ休憩をしていたベンチから見える距離にあった。それを見ていた健久美夫妻から声が掛かる。
「自転車のライト点かないの?」
「そう! 自転車屋さんで見てもらったけど、また点かなくなって」
健二さんが、おいでおいでしていた。

そうだった、健二さんは、自転車屋さんで働いてたんだ!

自転車を、健二さんに見てもらった。健二さんが、コードの接触を見て、前輪を回転させる。でも、点かない。すると、今度は、ライトのカバーを外して中を見てくれた。

待っている時に、久美からぶどうパンをもらい、もぐもぐしている間に、健二さんの手によって、自転車のライトは点くようになっていた。

「点いたよ」
「わぁ! ありがとうございます!」
お礼を言って、嬉々としながら家に帰った。

めちゃくちゃ、嬉しかった!

ありがとう^^ 久美&健二さん! 



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2008-05-20 23:20