ひとつのうつわ


e0101411_1458409.jpg


比叡山で散策イベントがあった。





お昼ごはんの時、私は、お弁当を食べたのだけど、その時に出てきた煮物を食べて母親の味を思い出していた。

母は、生粋の京都人。このお弁当は、精進料理なんだけど、母も同じような味付けをしていた。おせちや会席料理は、普通に作れるくらいの腕前があるのだから、煮物くらいはわけないのだけど。

この煮物を、母がどのようにして作っていたのかを知っているので、このお弁当の値段を高いとは思わなかった。逆に、今まで、なんとも贅沢な食生活をしていたのかと、今頃、母親に感謝するぐらいだった。

煮物ぐらいと思ってはいけない。

たけのこ
さといも
ふき
人参
かぼちゃ

これらは、同じ鍋で煮込んでいるわけではない。

互いの素材の色や味が移らないように、ひとつの素材は、ひとつの鍋で煮込んでいる。そして、うつわに盛るときに、はじめてひとつになるのだ。

私たちも、そうなんだな。

ひとつひとつ、違う素材、味。それが、ラブスピースという器の中でひとつになっている。



《一緒にお昼ご飯を食べたみんな》

dozen/Ren⇒Lotus Diary~Ripe Of Source/dozen~
dozen/Ryu⇒Dragon Diary~Ripe Of Source/dozen~
トリン⇒Healing Environment
シュウ⇒スピリチュアル ビューティフル 桂の月



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2008-05-05 12:38