コの字型釘が自転車の前輪に突き刺さる

久しぶりに痛い具現だった。痛かったのは、私ではなく自転車だけど。

区役所に行く途中に、自転車の前輪に何かが絡まって、音がする。自転車を止めてみてみると、前輪のタイヤに2×2センチの金属でできたコの字型釘が刺さっているではないか。

自転車の前輪に何かが刺さる具現は、去年の6月にもあったのだ。その時は、区役所の帰りだった(この時も、区役所がらみか……)。自転車をこいでいると、カチカチと音がして、タイヤを見てみると、前輪に画鋲が突き刺さっていた。もちろん、画鋲を外したら、プシューっと空気が抜けてしまったが。

この時に、パンク修理に出したら、
「画鋲くらいの穴なら、刺さっても穴をふさいでくれますよ」
と自転車屋さんのお兄さんが話してくれたので、パンク防止剤を予防のためにチューブに注入したのだ。

その時の防止剤が、今回少々役には立ったが、画鋲くらいの穴ではなかったので、当然空気漏れがあり、役所から家に帰る頃には、タイヤはヘタっていた。

画鋲にしても、コの字型釘にしても、誰やねん! 道路にほかした奴は!

と、腹を立てたわけではなく、具現のリーディングに頭を抱えてしまう。



(【 】『ドリーム・ブック』から [ ]は、掲載なし)

【自転車】生活にバランスが必要なこと。全速力で前進する前に、エネルギーのバランスを図りなさい。

【タイヤ】可動性。空気の抜けたタイヤもすりへったタイヤも、共にバランスを欠いていることです。あなたのエネルギーを吹き込みなさい。

【釘】どう使うかによりますが、あるものとあるものを一緒にすると互いに補強し合うという意味になるでしょう。また、釘をかんでいるなら、人生を必要以上にむずかしくしています。事態を明確にみていません。釘で頭をたたくのは、正しい認識を意味し、正しい方向に向かっています。

[前輪]顕在意識側。

[区役所]手続きをする場所。公共サービスを提供する所。今回は、国民年金の未加入期間の支払いに関する手続きに向かう時に、具現が起こった。

今回は、国民年金の未加入期間の支払いに関する手続きに行く途中だった。それと比較すると、前回は住民税がらみだった。どちらも、未清算の部分に関連して起こっている。住民税に関しては、福岡に住んでいたときの住民税の支払いを未だにしている。金額が大きかった分、分納しているのだが、ときどき支払いが滞っていたのだ。

以前見た、カルマの清算の夢が、思い出される。

どうやら、まとめて清算を済ませなさいと促されているみたいね^^; これは、経済的な部分での土台固めをしっかりしなさいということ。

今月中に、すっきりさせるぞ~!




■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2008-03-11 22:18