白い世界

昼過ぎに、のっそりと起き出す。

外からは、車が通るたびに、水をはねるような音が聴こえた。

雨が降っているのかと思って、カーテンを開けると、雪が降っていた。

e0101411_15101061.jpg

京都に引っ越してきて、初めて積もるような雪を見た。

ちらちらと舞っては溶ける雪は、何度も見ていたけれども。

【雪】清浄。真理。平和。リラクゼーション。未踏の処女雪は、新規一転、新しいスタート、自分の世界を新しい目で見ること(『ドリームブック』より)。

7日の新月のイニシエーションも、私にとっては、一つの区切りと新たなスタートを示唆していた。その二日後には、雪の世界。

今日は、クラシック・スピカフェを企画していて、参加者は居ないけれども、演奏会を聴きにいこうと思っていた。でも、雪を見て、今日は、一日静かに過ごす日だな、と思った。

雪が降る日は、余計な音がかき消されて、静かに感じる。

内を観るには、ちょうどよい日だ。




■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2008-02-09 15:20