宮部みゆき『今夜は眠れない』(角川文庫)

初めて読む宮部みゆきの小説がこれ。

友達とジュンク堂をぶらついている時に紹介された本が、この本です。

友達曰く、
「回りくどい表現の仕方をするけれども、それが、宮部みゆきのいいところなのよ!」
だそうな。

読んで納得、確かに回りくどい。

高村薫を良く読んでたけど、彼女の場合は、高度な専門知識を駆使した詳細な解説が地の文だから、読んでて回りくどい感じがするけれども、宮部みゆきは、独特な心理描写をしてくる。

たまに噴き出すような表現もあるけどね。

そして、書かれた時代が1991年というのもあって、その当時の時代背景ではなく今の感覚で読むとちょっとまどろっこしい所もあるが、それが逆に人物間の距離感が感じられていいかも。

この小説では、中学一年生の雅男君が主人公。子供の視点で世の中を見ているために、全体に危機的な雰囲気が感じられないため、あまり深読みせずに最後まで一気に読めたのかな。

この小説は、もともと中公文庫から出ています。こちらの方には、パラパラ漫画が付いてます。買った後で知った。。。パラパラ漫画が見たい方は、中公文庫をどうぞ^^
[PR]