夕暮れ

e0101411_2157521.jpg


待ち合わせの時間に間に合わないため、タクシーを使って行くことにした。



電車に乗りながら、タクシーで走ってもらうルートを決める。

私が、目的地までの最短ルートを地図でチェックして運転手さんに伝えて運転してもらったのだけど、そのルートは、地元のタクシーの運転手さんくらいしか知らない抜け道だそうな。

地図を嘗め回した甲斐があった! 褒められてちょっと上機嫌。

私がたまたま乗ったタクシーの運転手さんは、北九州出身とのこと。しばし、運転手さんの昔話に花が咲く。私の母も運転手さんの奥さんも京都出身ということで、京女の話で盛り上がった。

たった30分足らずの間だけど、とても楽しい時間だった。一期一会ってこういうことなんだって実感したのは、これが初めて。こういう出会いを楽しむために人は旅をするのだ、きっと。

待ち合わせの時間に、遅刻した私。今回は、距離感と時間の感覚がつかみきれていないところがあったので、猛反省。お待たせした皆様、申し訳ないです。

そして、この町の風景。不思議と昔住んでいたことがある地域と空気の感じが似ている。懐かしい。そして、どことなくさみしい感じ。少しずつ、私の中の箱のふたが外れているのかな。

今回の旅では、全てのことが、タイミングと手段ときちんと用意されているような気がした。バスがないのも、歩くのも、タクシーを使うのも、私鉄を使うのも。一日中、体験の連続だった。30余年の間、経験しなくてはいけないことを短期間で学習する機会が与えられたのが、この旅か?

福岡に帰ると、すぐにまた旅に出たくなった。
どこかへ行きたいと思うことは、今までとんと無かった。
この感覚を大事にしたい。
[PR]