お金が貯まらないわけ

今月のシップパートナー、トリンにどうしても聞きたいことがあった。幸い、トリンは、近所に住んでいるので、彼女の家で、ラブカードセラピーをした。

トリン ⇒ Healing Environment

そして、開口一番聞く。
「トリンが持つ『豊かさ』について聞きたかったのよ~」

そう、彼女がもつ『豊かさ』や『ゆとり』が、どこからくるものか知りたかったのだ。

「お金が貯まらないわけを知りたい」
「なんか、仕事がだんだん辛いものばかり選択しているような気がする」
私自身が、感じていることを彼女に伝えた。

「なんで、お金がたまらないのかな。カード引いてみよっか?」
と聞かれたので、お金がたまらない、潜在意識のエッセンスを知りたかったので、左手で、引いてもらった。

左手:『軸』(68)

「何のためにお金をためているのか、目的がないんじゃないの?」
という彼女からのアドバイス。

確かに、貯めるための目的がなかったからかもしれないが、沖縄合宿という目的があったにも関わらず、お金が貯まらなかったというケースもあった。以前、沖縄合宿について、龍さんから『お金がないことを理由に、成長する機会を逃している。つまりは、成長を怖れている』というエッセンスをもらったことがある。

dozen/Ryu ⇒ Dragon Diary~Ripe Of Source/dozen~

それ以外にも、お金に関しては、何かありそうだ。お金をスタートに、『所有する』ことに対して感じているものを出してみた。

・持っていることに罪悪感がある。
・持っていると、誰かに取られると思っている。
・取られるくらいなら、最初から与える。
・誰か、どこかの誰かと比べて、持ちすぎるのは、良くないと思っている。
・豊かさに対する偏見。
・自分自身が、豊かになる資格がないと思っている。
・分かち合いができない。

そして、彼女と会話しながら、最後に行き着いたのが、自分自身がもつ傷だった。



リズ・ブルボー『五つの傷』(ハート出版)に書かれている五つの傷は、身体の特徴からその人が持つ傷を、見極めるというもの。

私の体型は、まさに『不正の傷・頑固な人の仮面』を持つ人の体型だった。ということは、生まれつき、予定されていた傷だったのか? 本に掲載されているイラストを見ると、私の骨格にそっくり^^;

『性格の特徴を読む』と、あらあら、9割方、当てはまるかも。今回のお金がたまらないことに関する部分を抜き出すと、

・自分と他人をすぐ比較する。
・受け取ることが不得意。
・他人よりも少なく受け取ることを不当と見なす。
・他人よりも多く受け取ることをもっと不当と見なす。
・自分を喜ばせることに罪悪感を感じる。

だった。リセットどころ満載だった^^ そして、お金だけではなく、仕事探しについても、同じエッセンスが使えそう。

そして、実際の『動』の部分について、エッセンスが欲しかったので、右手で引いてもらった。

右手:『誰もが特別の存在』(104)

うーむ。このカードが右手で出ると、ちょっと良く意味が分からない。左手で引いたときは、『適材適所』というエッセンスが引き出せるのだが。トリンによると、

・認める、受容する。
・否定される存在ではない。
・自分が豊かさの象徴になる。
・お金を貯めてよいと許可する(笑)

とのこと。

ふむ。ということは、お金を貯めるにしても、時給のよい仕事を引き寄せるにしても、具体的に書き出して引き寄せよう。そのためには、自分が何を望んでいるか、欲求しているのかを、知らないといけない。自分に嘘をついている部分があるから、幸せ、豊かさから逸れていく^^;

そして、びっくりだったのが、トリンに対して、私がエッセンスとして引いたカードも、

右手:『誰もが特別の存在』(104)

だった。彼女も、実は、私と同じ傷を持ってたりする。問題の出方が、私は、お金や仕事に出て、彼女は、食べ物に出ているだけだった。飾りが違うだけ、根っこは一緒。

改めて、自分自身がもつ傷に向かい合うことになったのだが、この傷、実は、ほとんど癒えてます。その参考になった部分は、

8<----------------------------------------------------------------------------------------
P.264

さて、この本を終えるにあたって、私は、五つのタイプのそれぞれに特有な、積極的な側面にふれておきたいと思います。それらの側面は常に私たちの内部にあるのですが、私たちはなかなかそのことに気づきません。すでに指摘したように、私たちの仮面が目立ちすぎるために、それらの側面は、無視されたり、誤用されたりしているのです。私たちが、傷を見たくない、感じたくないと思うからです。
傷が癒されれば、つまり私たちが本当の自分を取り戻せば、以下に挙げるさまざまな側面が表面化してきて、私たちに力を与えてくれるでしょう。

▼<拒絶による傷>を持っている<逃避する人>の場合
⇒これも、持っているが、またの機会に。

▼<見捨てによる傷>を持っている<依存する人>の場合
⇒略
▼<侮辱による傷>を持っている<マゾヒスト>の場合
⇒略
▼<裏切りによる傷>を持っている<操作する人>の場合
⇒略

▼<不正による傷>を持っている<頑固な人>の場合

・几帳面であり、正確さを要求される仕事を見事にやりこなす。
・綿密で、細部に対して充分な配慮をすることが可能。
・人に教える際には、問題の要点を押さえ、簡潔にまとめることができる。
・非常に繊細。他の人の気持ちを手に取るように感じ取る。自分の気持ちも常に感じ取っている。
・必要とされるときに、必要なことを知っている。
・適切な場所に、適切な人事を配置することが出来る。つまり、適材適所ができる。
・生き生きとして、熱意にあふれ、ダイナミックである。
・心地よく過ごすために他人を必要としない。
・<逃避する人>と同様、緊急の際に、適切に対応することができる。
・困難な事態に立ち向かう勇気を持っている。

あなたもすでにお気づきのことと思いますが、ある種の資質は、いくつかのタイプに共通して見られます。それらの資質は、あなたが望むものを表明し、手に入れるための<切り札>となるでしょう。自分がユニークな人間であるということが分かれば、エネルギーに満ちたインスピレーションを限りなく得ることが可能となります。
---------------------------------------------------------------------------------------->8

前に書いた、
>左手で引いたときは、『適材適所』というエッセンスが引き出せるのだが。
は、右手で引いた時も、『動』の部分エッセンスになるのね^^

探求を始めて、1年以上経つけど、上記の側面が出てきて、再認識することが今は出来るのだ。昔も、確かにその部分部分は活用されていたかもしれないけど、自分自身の特質だと認識して活用されることはなかった。その違いは、大きい。

この『五つの傷』を、読んだ当初(2006年10月頃)は、どれも自分に当てはまりそうな傷ばかりだった。そして、その傷を掘り返すようなことをした探求時期もあった^^; でも、その後、今という時にフォーカスして、その時その時に浮上してきた出来事に、正面から向き合う探求を続けたことで、過去の傷が癒されていった。

これからも、折に触れて、過去の傷が浮上して、色々な出来事に反応するかもしれないけど、今にフォーカスするだけで、私の新しい側面を知ることができる。

今月のラブカードセラピーで得たエッセンスも、今にフォーカスして活用しよう♪



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2008-01-08 21:28