福岡OBフィルを聴く

思い立ったが吉日。ということで、日曜日の午後に、母と一緒にオーケストラの演奏会を聴きに行きました。

曲目は、R.シュトラウス作曲の交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』、モーツァルト作曲の交響曲第35番ニ長調『ハフナー』、そして、チャイコフスキー作曲の交響曲第5番ホ短調です。

友人が出ているというのもあるのですが、メインのチャイコフスキーの交響曲第5番は、私が学生時代に所属していた学生オーケストラで、初めて演奏会に出たときに弾いた曲です。CDを持ってはいますが、やはり生演奏が一番!

演奏会が始まって、友人の姿をアクロスの二階席から眺める。かなり遠い。目が悪いからなおさらだ。でも、元気にしているようで良かった。

曲の合間に指揮者のおしゃべり。ユーモアのある方で、おしゃべりの間の取り方が上手い! おしゃべりだけじゃなくって、パフォーマンスも楽しかったぁ。

さて、メインのチャイコフスキー。自分が弾いたことがある曲だと、ただ聴くというよりは、昔の出来事を演奏を聴きながら思い出すといった感じで聴いてました。

いや~あまりいいことは思い出さなかったわ。練習がつらかったな~。とか、練習の時には大丈夫だったのに、本番で弾きそこなったよねぇ、ここ、とか。

2楽章のホルンのソロで我に返る私。鳥肌が立つようなソロ演奏でとても素敵♪ やっぱり生演奏はいいわよね~。

さて、次は、オールモーツァルトのフィルハーモニア福岡を聴きに行こうかしらん。

【福岡OBフィルハーモニー・オーケストラ】http://www.ob-phil.com/
【フィルハーモニア福岡】http://www.phil29.net/
[PR]