映画『いぬのえいが』


e0101411_18555056.jpg
久しぶりに見た映画だった。




この映画は、大して期待せずに見たのだけど、それがいけなかった。
いけない訳ではなくて、不意打ちを喰らったと言った方が良い。

我が家は、犬を飼っているのだけど、今いる犬は三代目である。

一匹目は、尻尾に病気を持ったせいで、最後まで飼うことをせずに、保健所行きに。

二匹目は、近所の犬に咬まれたせいか、その数日後、死を迎えた。

そして、三匹目は前の飼い主が引っ越して飼えなくなり保健所行きになる所を、我が家で引き取ることになったのだ。それから八年近く経つんじゃないかな。今では、両親以上の老犬になっている。

そんな環境で育ったものだから、映画の中のひとつひとつがストレートに入ってくる。
昔の私なら、泣きたくても我慢する所だか、最近は泣きたくなったら泣く。
何もわんわん泣かなくてもいい。涙が流れるままに泣いていた。

映画が終わると、頭が少しぼーっとしたけど、心が少し軽くなった気がした。
[PR]