京都で学ぶこと

ふと、カレッジ用ノートに書いた京都移住前(2月頃)に書いていたメモを思い出した。

『一人暮らしをして学ぶこと』というお題でラブカードを引いている。

右手(男性性):『女性性』
左手(女性性):『光とつながる』

つまり、女性性は、光とつながることを学び、男性性は光とつながる女性性を学ぶというわけだ。

では、具体的に、女性性、男性性は、何を学ぶのか、3枚ずつカードを引いている。

男性性:『守護』、『広い視野』、『滋養』
女性性:『ギフト』、『自分を知る』、『癒し』

次に、男性性と女性性の順で、3枚のカードを組みにしてみる。

『守護』と『癒し』、『広い視野』と『自分を知る』、『滋養』と『ギフト』

という関係ができそうだ。



2月の時点でのリーディングは、次の通り。

・男性性(女性性<光とつながる>)
女性性は、光とつながることを学び、男性性は光とつながる女性性を学ぶ。

・守護(癒し<場、空間=住>)
守護は、場、空間を守り、安全を確保することで、安心(癒し)を与える。

・広い視野(自分を知る<表現=衣>)
これに関しては、リーディングのメモがない。

・滋養(ギフト<霊的な滋養=食>)
滋養は、霊的滋養を与える。ギフトは、もちろん与えられたものを受け取る。
この場合は、霊的滋養を受け取ることになる。

という風に、衣食住に関連付けてリーディングしていた。

面白いことするなー私^^

さてさて、移住して3ヶ月、今現在の状況から見て、このカードをリーディングしてみる。

・男性性(女性性<光とつながる>)
女性性は、光とつながることを学び、男性性は光とつながる女性性を学ぶ。
これは、基本で、リーディングの内容も変わらない。

・守護(癒し<神聖さ>)
神聖さという空間、領域を純化(癒し)していく、高次の守護の元で。

・広い視野(自分を知る<本来の自分>)
本来の自分を知るには、近視眼的にならない。本来の自分を知る過程で、エゴにも愛にも触れることになるが、広い視野でみれば、エゴは、愛と創造のエネルギーとなる。

・滋養(ギフト<光、愛、エネルギー>)
ギフトは、受容、滋養は、与えるという役割を持ちつつ、光を受け取った女性性(ギフト)は、そのエネルギーを男性性(滋養)に波及させる。そして、女性性から光の波及を受けた男性性は、再び、女性性に対して、光を与える。これが、エネルギーの循環。

以上のことから、本来の自分を知るために、スピリットからのエネルギーの波及を受け、共同創造しながら、自分のパイプの中に詰まっているエゴを、自分自身の内にある、愛、神聖さで溶かして、純化していく。エゴの純化の際に、生じるエネルギーは、創造のエネルギーとなる。そして、創造のエネルギーで、神聖な領域を守る、何者も侵すことの出来ない、神聖不可侵の神殿を作るのだー! 

という風に、昔のラブカードのリーディングをしなおすと、自分の学びの変化が分かって楽しい^^



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-06-25 21:37