神聖さに沿うために必要なエッセンスは?

3日にdozenクラス生のスピカフェ&イニシエがあった。それに、今月のシップパートナーも参加していたので、帰りに対面で月初めのラブカードセラピーをした。

いつもは、今月のエッセンスを聞くのだけど、今回は、『神聖さに沿うために必要なエッセンスは?』をテーマに引いてもらった。

まずは、左手で一枚。そのカードは、『頭の中のお喋りに注意を払う』だった。

頭に浮かんだのが、『真実の声』と『エゴの声』だった。聞き分けることを学ぶことを促されているのかもしれない。

先月のことだが、私がエゴの声に振り回されて、大いに自分を見失っていた時があった。その時は、dozenに自分に起こったことを話して、幾分かは、心の落ち着きを取り戻すことができた。

しかし、私は、自分の心の弱さと私自身の真実が幼いために、エゴっている自分を認めることができず、さらに、自分を見失ってしまうことへの恐れから、一切の声を聞かないという選択をしたのだった。そのおかげで、静寂が訪れたのだけど。

声の中には、1%に満たなくても真実の声もあったかもしれない。でも、私自身の真実が幼いために、真実の声とエゴの声を聞き分けることができなかったのだ。

促されているのだな。真実を聞き分けなさい、見極めなさいという風に。多分。



次に、頭の中のおしゃべりに注意を払うとして、そのために必要な動きを知りたくて、右手で一枚引いてもらった。それが、『2枚目のハート扉』だった。

このカードの左上には、観音様が手を合わせて右を向いているようなシルエットが見える部分がある。シップパートナーとSちゃんにそれを教えると、二人ともすぐに分かってくれた。私は、蓮ちゃんから教えてもらった時には、すぐには分からなかったけど、すごいなこの二人^^ ちなみに、蓮ちゃんは、あだっちゃんから教えてもらったらしい。

さて、このカードから、観音様の守護のもと、ハートの扉を開きなさいってことかな。これは、私にとっては、エゴの扉を開くことだ。私には、愛の原材料、つまりエゴはいっぱいあるが、愛はあまりない。というか、愛って何か、いまいち良く分からないのだ。

最近、ようやくハートチャクラが暖かくなったり、ジンジンしたり、ドキドキしたりといった反応を感じることができるようになって、自分のハートがどういう状態かを知ることができるようになった。それでも、自分に自信がなくて『?』な時もあるのだ。

そして、この日のスピカフェ&イニシエに参加したSちゃんに最後の一枚を引いてもらった。それが、『想いを口に出す』だった。Sちゃんも、私と似たような性格をしているらしく、話が合う。お互いに、他人が分かってくれないことを「そうなのよ、そうなのよ~、分かる、分かる!」と言い合っていた^^

この『想いを口に出す』というのは、シップパートナーによると、「エゴってるって、口に出せばいいんじゃないの?」とのこと。ふむ。それは、やろうと思えば、できるかも。口には出せなくても、文章で書くことくらいはしよう。

セラピーの時間が終わって、Sちゃんは帰宅。私とシップパートナーは、しばらくおしゃべりしていた。

私が京都に来てからのこと。一生懸命に神聖さに沿おうとして無理をしていたこと。そして、何より、神聖さというものを自分では分かっていると思い上がっていたこと。でも、実際は、分かっていない自分に気づいて、怖れおののいていたこと。そんな話をしていた。

彼女とは、『思い上がり』と『傲慢さ』の話で、盛り上がってしまった。この話で、ここまで盛り上がれる人を、私は彼女以外に知らない。今月は、今までできなかった話がシップでできそうだ^^



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-06-05 17:23