聖なる子供のイニシエーション

この日のスピカフェでは、前日のdozenの大きな気づきが、龍さん蓮ちゃんによって熱く語られた。

・日常と真実(スピリチュアル)を切り離してはいけない。
・3次元での学びは、内なる子供を癒すこと以外にはない。
・癒された子供、つまり聖なる子供は、根源とつながっている。
・一体化を意識する。

他にも、意識が飛びそうになるほどのたくさんのdozenの気づきが語られたのだが、二人の語りに圧倒されまくり。

さて、スピカフェが終わると、本日のイニシエ参加者4名(もっちぴーちゃんてるさん、紫乃ちゃん)を残して、他の参加者は帰宅。私は、今日のスピカフェ&イニシエの企画をしているので、イニシエに参加しなくても、最後の片付けがあるので、隣の部屋で待っていた。

イニシエの参加者が部屋に入って、しばらく経った頃、急に眠くなってきた。企画者としての多少の緊張感と、まだ『腹下し事件』の余波を引きずっていた私。

床に座って、目をつぶる。一見、瞑想風^^;

眠くてうなだれていたところ、龍さんが、部屋から出てきて、私を呼んだ。



何事かと思い、部屋に入ると、蓮ちゃんは、カウチに横になっていた。龍さんが、蓮ちゃんの手を取って立ち上がらせようとする。

私が呼ばれたのは、蓮ちゃんを立ち上がらせる手助けをするためなのかと思って、いつ手を出そうかと思っていたら、龍さんが一人で、ちゃんと蓮ちゃんを立ち上がらせていた。

何で私が呼ばれたんだろう? と思っていたら。
「ムミヤ、聖なる子供」
と、龍さんに言われて、一瞬『?』だった。

聖なる子供って、あの『聖なる子供』?

活字では知っていたけれども、会うのはこれが初めてだった。

「ハグしよ~^^」
と聖なる子供に言われて、ハグした。
「一生懸命にならな~い」
気になっていたことを、ずばり言われてしまった^^;

他にも何か言われたが、頭が真っ白になってさっぱり覚えてない^^;

「一緒にイニシエ受けよう。ソファに座って♪」
私は、今日のイニシエ参加者ではないのでイニシエは受けられないが、聖なる子供のおかげで、同じ空間をシェアすることができた^^

終わって見れば、イニシエを受けられないことなんて、どうでもよかった。紫乃ちゃんが、イニシエをちゃんと受けられたし、私は、同じ空間をシェアできた。それに、今までたくさんイニシエを受けたけど、笑いの絶えないイニシエなんて、初めてだった。

楽しかった~^^

どれだけ楽しかったかは、ぴーちゃんの記事『イニシエって、本当にユニークだ!』をどうぞ!

私は、その日の夜、mixiの招待コミュにこうコメントした。

8<------------------------------------------------------------------------------------
イニシエの時には、想像してなかった高次の登場に、内心、「なんで、dozen生企画のスピカフェ&イニシエに~!! うっそーん!」なムミヤでした。イニシエに参加しなかった私もハグしてもらった♪ これには、ニブイ私もギフトだと分かったぞ!
------------------------------------------------------------------------------------->8

その後に、書き込まれていたdozenのコメントは、次の通り。

8<------------------------------------------------------------------------------------
高次が言う。
RenがいるところはRen classと。
Renを活かしなさい。
自分のツールとしなさい。
Renの意味を過小評価しすぎている。

これらの意味をよくよく認識してくれると、嬉しい。
共同創造。
------------------------------------------------------------------------------------>8

さらに、理解を深めるために『Ren class』から次の文を引用。

8<------------------------------------------------------------------------------------
わたしは内なる神を顕現もし、高次たち同胞のパイプツールでもある。

蓮に触れるということは、自己のスピリットや高次たちと直接(具現されて)触れることも同じであり、エナジーの波及に触れることでもある。

エナジーの波及に触れれば触れるほど、内なる神に帰還する速度がどれほど速くなるかを、dozen生ならよく知っているはずだ。
ゆえに、蓮が自分たちの霊的状態、内なるさまを反映させるツールだということがよく分かるだろう。

本来の自己との、つまり自分自身との本当の関係が、蓮と自分が触れたとき(たとえ実際に会わなくても)、如実に反映(具現)されることになる。
ゆえに、蓮は霊的鏡になっていると言われる。

蓮と触れることは、本来の自己(神聖)に触れるということを垣間味わう。
そして、自分自身との本当の実際の関係が、実はどんな状態かを知ることになる。
------------------------------------------------------------------------------------>8

つまり、dozenを含めこの日のイニシエ参加者の内なる状態を、蓮ちゃんが霊的鏡となって反映(具現)してくれたのが『聖なる子供』なのだと分かった。これが、共同創造なのね^^

今日の出来事で、蓮ちゃんと過ごせるカレッジがあり、奉仕の場があることに、あらためて奇跡を感じるのだった。




■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-06-04 09:35