青蓮院でイニシエ

13日の夜、コミュにdozenからのお誘いトピがたてられていた。
8<-----------------------------------------------------------------------------------------
え~、突然ですが、お誘いを。にこにこ^^

明日、dozenは映画&青蓮寺に行きます。

映画:ゴーストライダー⇒http://sonypictures.jp/movies/ghostrider/
青蓮寺(夜の特別拝観)⇒http://www.shorenin.com/yoru.html

ので、一緒にブラブラ行きませんか?
----------------------------------------------------------------------------------------->8
今日からの京都1週間滞在(14日~21日)は、本来は、物件探しと京都カレッジの予定だったが、先週の月曜日に家が決まったので、京都カレッジと京都で遊ぶという予定に変更していたのだ。なので、dozenからのお誘いにはすぐに参加表明!

京都行きの準備をして、昨日、友人へ渡しそびれた北海道土産を渡しに会社へ寄った後、新幹線へ飛び乗った。

さて、京都へついて、滞在先のウィークリーマンションヘチェックインをした後、映画館でdozen(龍さん蓮ちゃん)と待ち合わせ。そこで、今回のお誘いに、私が参加するのは、必然だったということ、そして、今日と、あともう一回、後日に青蓮院でイニシエを行うという話を聞いた。



青蓮院でのイニシエの話は、蓮ちゃんたちが待ち合わせ場所に移動する時に、高次からのアクセスで受け取ったということだった。今日のイニシエは、北海道でのイニシエから始まる一連のイニシエになるという話も聞いた。

蓮ちゃんが買ってきてくれたクレープを食べながら映画『ゴーストライダー』を見る。

このゴーストライダーの主人公を演じているニコラス・ケイジは、名前は聞いたことがあるけれど、出ている映画を見たことがなかったので、楽しみにしていた。

映画の原作が、アメリカンコミックということもあって結構面白いノリだった。

主人公のあまりの素直な喜びっぷりを観て、蓮ちゃんが、
「めっちゃ素直やな~、このヒト」
というツッコミをそばで聞くのが、また楽しかったりする。

映画のエッセンスは、闇にも正義があるって所かな。
主人公は、光ではなく闇に生きて、闇を裁く正義の味方って感じ。

映画を楽しんだ後は、びっくりドンキーで夕食。久しぶりのハンバーグを食べながら、話が弾む。そして、おしゃべりにひと段落が着いた頃、店を出た。

青蓮寺へ向かう道すがら、蓮ちゃんが私と待ち合わせする前に、今日という日をリーディングしていたそうな。すると、
「今日はな、女性がギフトをもらう日やねん!」
とのこと。
「だからかぁ。私ね、京都に来る前に、同僚の女の子二人に北海道土産を渡してきたんだ、本当なら昨日渡すはずだっただけど」
そこに、龍さんからツッコミが。
「今日は、ホワイトデーっちゅうのに、リーディングせんでも、そういう日やねん!」
などとおしゃべりしながら、青蓮寺へ向かう。

この時、途中で龍さんが道を一本間違えたために、青蓮寺へ向かう坂で、ある男性(肉体なし)が私たちの後を着いてくることになる。

それに気づいたのは、蓮ちゃんだけ。
「ムミヤ、後ろから男の人がついてくる」
そう聞いて、後ろを振り向く。
「自転車に乗った男性(肉体あり)が上がってきますよ~」
とズレた返答をしていた。私には、幽玄は見えないのでこの男性のことかと思ったのだ^^;
「えぇ~。ついてきてるって!」
と言われても、見えないものは見えない。

結局、この見えない男性は、私たちについてきて、青蓮寺の中の稲荷神社で晴れて別行動となる。そして、龍さんが間違えたはずの道が、後日のラッキーな出来事につながるのだった。

さて、青蓮寺へ着いて、靴を脱ぐ。長い廊下の途中に厄除けの大きな縄が天井からつるされていた。大人一人、余裕で通れるくらいの大きな輪になっていた。

もちろん、くぐらない。くぐれば、厄除けどころか、いらんもんをくっつけてしまうだけだと、龍さんが話していた。

さて、すでに蓮ちゃんには、シフ(蓮ちゃんの高次の自己)が入っていた。
「縁側に座って瞑想してください。その時に、目はあけて、庭の景色を楽しむように」
とシフが言う。

龍さんと私の二人は、縁側に並んであぐらで座る。
目の前は、青の世界だった。

庭に埋め込まれたたくさんの電飾が、時間とともに徐々に明るさや色を変えていった。
庭と奥の山を隔てる白壁には、青の明かりが当てられている。

庭を横切る道を歩く拝観者たち。
彼らが、人影として目に映る。
時々、電飾が描く梵字が現れると、拝観者から歓声が上がった。

そんな庭を眺めている時に、シフからイニシエを受けた。
ダウンジャケットを通してでも、流れるエネルギー。
背中のハートチャクラの周辺が、温かくなった。

瞑想が終り、三人で青蓮寺の中を見てまわる。

満開になった梅の花、青の不動明王、そして、あざやかな色で描かれた蓮や虫のふすま。

どれも、満足のいく拝観だった。

最後は、薄茶とそば饅頭でほっこりと。
お茶を飲んだ座敷からの庭の眺めも最高だった。
奥の山は、白くライトアップされていて幻想的な空間をかもし出していた。

また、後日ここに来ることができることに、また、すべてに感謝。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-03-14 16:10