ドアは開け放たれた!

そして、開きっぱなし。どこのドアかと言うと、会社の男子更衣室のドアです。

朝、会社の更衣室に向かう廊下を歩いているところ、私の前を管理職の男性が歩いていた。前回の日記に登場した2名の管理職とは別の男性。その方が、更衣室のドアを思いっきり開けたかと思えば、開けっ放し。

おい! 閉めなくていいのか!

と突っ込みを入れつつ、私は女子更衣室へと入っていった。

余りにドアの具現が続くので、今日は一日折をみては内観モード。

ドアは、自己発見のシンボルだけど、今回の出来事は、ドアの向こうにあるものにフォーカスしろ、と言われているような気がした。

ドアの向こうは、更衣室。更衣室は、着替える所だ。男性ならコートや鞄を仕舞ったりする。女性なら制服に着替えたりと……。

更衣室は、プライベートとビジネスを切り替える空間。切り替えるのは、外見だけではない。意識や価値観までも変えてしまう。

では、今の私が切り替えるものとは?

それは、男性性の視点だ。顕在の目と潜在の目。

今の私は、右目が悪い。近視より乱視の方がひどいのだ。乱視は、眼球のレンズが歪んで、ものがダブって見える。ちなみに、近視ならぼやけて見える。

右目が効き目だから負担がかかっているわけではない。その原因は、左脳的、顕在的、男性性的で、その上機能不全からか歪んだものの見方をしているからだ。

女性性の機能不全がなくなって行くにつれて、男性性の機能不全も回復していく。

そろそろ、機能不全の男性性でものをみるのは止めなさい、スピリットの視点でものを見なさい、ということか。

現に、私は先週から終日メガネを外している。19年来かけて続けているメガネを、である。半日メガネを外すだけでも、頭痛、肩こりがひどくなるので、外せなかったのだ。

視力自体がよくなった訳ではない、相変わらず視界はクリアではないが、今の私はその状態で仕事をしているし、頭痛もない、肩こりもひどくならない。

メガネを外したのは、顕在でものを見るのは止めようと決めたからなんだけど、それが男性性にも波及しているのかな。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-02-05 19:52