本のエネルギー

先日、仕事帰りにジュンク堂へ寄った時のこと。

精神世界のコーナーで何か面白い本はないかと見ていると、本棚から5センチほど飛び出している本がある。誰かが最後まできちんと戻さなかったのだろう。

目に付いたからには読みなさいということか。本のタイトルを見ると、バーソロミューという名前が目に入った。

バーソロミューは、私の誕生日の守護天使だったはず。ずい分前にそのことを知った時に、このバーソロミューの本を手にしたことがあったのだが、その時にはなかった体験を今回はした。

飛び出していた本を手に取り、中身を読むとバーソロミューがワークショップで京都を旅した時の様子が書かれていた。折しも私は4月から京都で探求生活だ。何かあるのかと、本を読み進めると手足がぞわぞわとする。しばらくすると足から頭のてっぺんまでほんのりと暖かくなってきた。

これって、もしや……。

試しに、バーソロミューの他の著作も手に取って読んでみると、同じように手足がぞわぞわとして体が暖かくなった。

すっげー(,,゜Д゜)ノ ←久しぶりだな、コレ……

エネルギーに敏感な方が、霊的なエネルギーの高い本を触るとビリビリするとは聞いたことがあるけれども、それを自分が体験するとは思わなかった。私の場合は、ビリビリくることはなかったけど。この辺りの感じ方は、人それぞれかな。

数日後、再び本屋さんに行って、色々な本を読んで試してみる。ハートチャクラがジーンとしびれる本。左腕が暖かくなる本。本によって持っているエネルギーが違うことが分かる。意外だったのが、顕在では興味がない本でも反応があるということ。

しばらく、色々な本で試してみよう♪



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-02-01 23:24