名古屋の某空港にいる夢

空港(名古屋にある某空港)周辺には、飛行機の形をしたアドバルーン(風船)が漂っている。離陸する飛行機にアドバルーンが絡まるが、飛行機は絡まったアドバルーンを地上から引きちぎって上昇する。

それを地上から眺めていた私は、そばにいた友人に、
「あの飛行機は、国際線か国内線か?」
と尋ねていた。友人は、
「あの高さまで上昇するなら国際線。国際線なら5000mまで上昇するだろう」
と話していた。

空港内で、高校の後輩の女の子と再会。彼女から贈り物(鉛筆と消しゴム)を頂く。
私は、彼女に、
「今まで嫌なことに気づかない振りをしていたのでは」
と話していた。

別れた後、上りのエスカレーターに乗った私は、高校の後輩の男の子はどうしているのか、その男の子と姉の再婚はどうだろうかと考えていた。

という夢を見た。



8<-------------------------------------------------------------------------------------------
空港:精神的霊的目覚めの出発点。

飛行機:飛行する航空機は、どれも精神的霊的覚醒を示しています。新しい高みに上昇すること。

風船(アドバルーンがなかったので):精神性霊性の高揚。陽気。無制限。

贈り物:イニシエーションを形に表したもの。よい働きができるようにという激励です。

エスカレーター:エレベーターに乗っている時よりも、ゆっくりと相応しい方向(上昇)か、間違った方向(下降)に向かっていることで、しかもそれよりももっと気付きがあります。現在、あなたの周りで持ち上がっている事柄に対して、より広い視野を得ることができるでしょう。

結婚(再婚がなかったので):アイデアや、人や、自分の部分や側面を統合すること、まとめること。結婚の夢は、たいてい知性と直感あるいは自分の中の男性性と女性性の結合を表しています。

(抜粋:「夢」のシンボル辞典『ドリーム・ブック』)
------------------------------------------------------------------------------------------->8

風邪で寝込んでいた間に考えていたことがある。
それは、一人暮らしを始めるということ。資金は、調達できそう。

今私は、姉と姪っ子たちと姉の元旦那が度々出入りする環境で暮らしているのだが、夢で後輩の女の子に話している内容(「今まで嫌なことに気づかない振りをしていたのでは」と話していた)が、そのまんま、私の気持ちだと気が付いた。私の甘えが生み出した環境なのだから責任は私にあるのだが。

夢に出てきた姉の再婚は、一人暮らしをすることは、私にとって自分自身の男性性と女性性を三次元で実践し統合する良い機会ではないのかと思ったのだ。

それと、高校の後輩二人、しかも男女が出てきたというのは、私のインナーチャイルドが高校生くらいに成長してきたって意味もあるのかと思った。

そして、夢で贈られた鉛筆と消しゴム。これらは、好きなように描いて良いという意味ではないか?

だが、夢で漂うアドバルーンは、まだ進路が定まっていない証拠だけど、飛行機に引っかかって上昇しているところを見ると、精神的霊的覚醒によって私の進路が定まるってことか。

来年度には、下の姪が小学生になる。私も新しい職場で働いているだろう。姉の家族も私も新しいスタートを切るには、良い機会のようだ。



■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2007-01-08 13:06