思い込みを手放す

一日の大半を会社で過ごす私は、仕事をする上でも、周囲の人間関係にしても多種多様な思い込みに基づいて行動していた。

『行動していた』と過去形なのは、少しずつ行動することで思い込みを手放す作業をしているからだ。

最近、実現したことは、水曜日に習い事に行くために定時で退社する、ということ。

残業するのが当たり前という部署でのこの行為はかなり画期的。初めは、誰かに足留めされたりするかいな、と思ったがすぐにそういう思いは手放す。思えばその通りになるからだ。

その代わりに、自分が楽しくお稽古をしている姿をイメージする。同じ稽古仲間と出会える楽しみもイメージする。

そうして三週間が経つが、毎週水曜日は定時で退社している。片づかない仕事は、他の日に振っているけど。

次に手放すのは、前に勤めていた会社での人間関係の思い込みだ。その会社に勤めていた時は、周囲の人の振る舞いに対して、自分の勝手な思い込みで自分を追いつめていたような気がする。その結果、精神的に参って休職し、復職することなく退職をした。

辞めて二年は経つが、今でもその会社にいる人に対して抱いていたイメージは変わらない。だから、今夜、その前の会社の同僚から飲み会に誘われた時に、二つ返事でOKした。

今夜も一つ、思い込みが手放せる。




■ ムミヤの探求サポ受付中 ■ 精神世界ランキング ■
[PR]
by muumiyah | 2006-10-20 07:23